『ハンター』作品情報

2012年2月4日 公開の映画作品

あらすじ

百戦錬磨の傭兵にして凄腕のハンターであるマーティン・デヴィッド(ウィレム・デフォー)。とあるバイオ・テクノロジー企業の依頼でタスマニアを訪れた彼の目的は、すでに絶滅したとされるタスマニアタイガーの生き残りを見つけ出し、その生体サンプルを採取すること。この困難極まりない任務を遂行するために、未開の秘境へ足を踏み入れたマーティンは着実に調査を重ね、ベースキャンプ代わりの民家で暮らす女性とその幼い子供たちと心を通わせていくのだが…。

スタッフ

監督

ダニエル・ネットハイム

キャスト

  • ウィレム・デフォー
  • フランシス・オコナー
  • サム・ニール

作品データ

  • 2012年2月4日より丸の内ルーブルほか全国にて公開
  • 原題THE HUNTER
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2011 Porchlight Films Pty Limited, Screen Australia, Screen NSW, Tasmania Development and Resources and Nude Run Pty Limited.
ジャンル
感情タグ

『ハンター』関連記事

幻想的なシンフォニーに酔いしれる!『ハンター』注目の一篇を公開 画像
スクープ

幻想的なシンフォニーに酔いしれる!『ハンター』注目の一篇を公開

これまでアクの強いキャラクターを数多く演じてきた、ハリウッド随一の個性派俳優、ウィレム・デフォーが孤高の“ハンター”役で、その味わい深い男の渋みを総結集させた映画『ハンター』。現在公開中の本作から、そんな彼がこれまでのイメージを覆す柔和な表情を垣間見せる、感動誘うシーンの映像が到着した。

孤高のハンターを体現した演技派、ウィレム・デフォーが語る「役者としての生き方」 画像
インタビュー

孤高のハンターを体現した演技派、ウィレム・デフォーが語る「役者としての生き方」

オリバー・ストーン監督作『プラトーン』('86)でその確固たる存在感を露にし、『スパイダーマン』シリーズの“グリーン・ゴブリン”役に代表されるような、観る者を戦慄させるヒールから、ラース・フォン・トリアー監督の『アンチクライスト』での衝撃的な役どころまで、数々のアクの強い役を演じてきた名優、ウィレム・デフォー。現在56歳、そんな彼が放つ重厚感のある魅力を存分に味わうことができる一作が『ハンター』だ。本作で、ウィレムは人との関わりを一切拒絶し、孤高の人生を歩む“ハンター”を、見事に体現している。

ウィレム・デフォーが円熟の演技で魅せる! 『ハンター』予告編が解禁 画像
スクープ

ウィレム・デフォーが円熟の演技で魅せる! 『ハンター』予告編が解禁

先日、劇場公開された『スリーピング ビューティー 禁断の悦び』の監督であり、女流作家としても活躍するジュリア・リーの同名小説を、『スパイダーマン』での怪演が鮮烈な印象を残したハリウッド屈指の個性派ウェレム・デフォーを主演に迎えて映画化した男の運命のドラマ『ハンター』の予告編がこのほどシネマカフェに到着した。

page top