『臨場 劇場版』作品情報

2012年6月30日 公開の映画作品

あらすじ

都内で無差別通り魔事件が発生した。だが、事件の実行犯は精神喪失が認められ、被害者遺族たちの願いも虚しく無罪となってしまう。その2年後――。事件で無罪を勝ち取った弁護士と、精神鑑定を行った医師が相次いで殺害される。警視庁と神奈川県警の合同捜査本部が立ち上がり、2年前の事件の被害者遺族に疑いの目が向けられた。そんな中、殺害現場に臨場した警視庁刑事部検視官・倉石は、死亡推定時刻に疑問を抱き、犯人が別にいると考える。彼が追った先にいた真犯人とは…?

スタッフ

監督

橋本一

キャスト

  • 内野聖陽
  • 松下由樹
  • 渡辺大
  • 平山浩行
  • 益岡徹
  • 高嶋政伸

作品データ

  • 2012年6月30日より全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2012「臨場」劇場版 製作委員会
ジャンル
感情タグ

『臨場 劇場版』関連記事

内野聖陽、「やれるだけのことやった」と『臨場 劇場版』公開に感慨 画像
レポート

内野聖陽、「やれるだけのことやった」と『臨場 劇場版』公開に感慨

映画『臨場 劇場版』が6月30日(土)に公開。初回上映後に丸の内TOEIにて行われた舞台挨拶に、内野聖陽、松下由樹、渡辺大、平山浩行、高嶋政伸、橋本一監督が登壇した。

『臨場 劇場版』を10倍楽しむ方法 警察監修を務めた元検視官が語る「男の仕事」 画像
スクープ

『臨場 劇場版』を10倍楽しむ方法 警察監修を務めた元検視官が語る「男の仕事」

「半落ち」、「クライマーズ・ハイ」などで知られる横山秀夫のミステリー小説を原作にもつ人気刑事ドラマ「臨場」を映画化した『臨場 劇場版』が間もなく公開となる。鋭い眼力と執念で事件の真相に迫る敏腕検視官・倉石義男の職人技が観る者を魅了する本作。この警察監修には、数多くの捜査に携わってきた元検視官である倉科孝靖が参画している。これを知っていれば、映画がもっと楽しくなる? 「男の仕事」について明かす彼の言葉をご紹介。

『臨場 劇場版』平山浩行インタビュー 「とにかく、挑戦することが好きなんです」 画像
インタビュー

『臨場 劇場版』平山浩行インタビュー 「とにかく、挑戦することが好きなんです」

「あの俳優かっこいいよね」と、女性たちの中で熱い視線を集めている俳優に平山浩行がいる。チオビタのCMでお馴染みの、爽やかで自然な笑顔が印象的な、あの素敵な男性だ。現在34歳。俳優デビューは25歳。決して早いとは言えない年齢でのスタートではあったが、彼の「役者になりたい」という夢は中学生の頃からずっと抱き続けていたもの。上京後、飲食店で働きながらチャンスを待っていた彼が最初に手にした役者の切符は、ドラマ「高原へいらっしゃい」のオーディション。そこから見事に夢への一歩を踏み出し、いま平山浩行は期待の俳優として銀幕の中にいる──。

内野聖陽、『臨場 劇場版』の現場で、渡辺&平山から尻っぽを振られる!? 画像
レポート

内野聖陽、『臨場 劇場版』の現場で、渡辺&平山から尻っぽを振られる!?

「半落ち」、「クライマーズ・ハイ」などで知られる作家・横山秀夫のミステリー小説を原作にした人気テレビドラマを映画化した『臨場 劇場版』の完成披露試写会が都内で行われ、内野聖陽、松下由樹、渡辺大、平山浩行、若村麻由美、柄本佑、長塚京三、橋本一監督が登壇し、客席から大喝采を受けた。

内野聖陽の渋み全開! ドラマから映画へ『臨場 劇場版』緊迫のワンシーンが解禁 画像
スクープ

内野聖陽の渋み全開! ドラマから映画へ『臨場 劇場版』緊迫のワンシーンが解禁

「半落ち」や「クライマーズ・ハイ」など数多くの傑作を世に送り出してきた横山秀夫の同名小説を原作にしたテレビドラマシリーズの劇場版『臨場 劇場版』の緊迫のワンシーンを収めた本編ビジュアルがこのほど初公開となった。

岩井俊二×北川悦吏子によるラブストーリーも 東映、多彩なラインナップを発表 画像
レポート

岩井俊二×北川悦吏子によるラブストーリーも 東映、多彩なラインナップを発表

1月30日(月)、映画配給会社・東映の2012年のラインナップ発表会が都内で行われ、和泉聖治監督や山下敦弘監督ら注目作品の監督やプロデューサーが集結し、それぞれの作品のテーマや想いを語った。

内野聖陽、今度はスクリーンで事件を読み解く! ドラマ「臨場」映画化決定 画像
スクープ

内野聖陽、今度はスクリーンで事件を読み解く! ドラマ「臨場」映画化決定

ベストセラー作家・横山秀夫の警察小説を原作に、一昨年、昨年とテレビ朝日系列にてドラマ放送され人気を集めた連続ドラマ「臨場」が、このほど映画化されることが決定。来年6月に劇場公開される。

page top