『人生の特等席』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

大リーグの伝説的スカウトとして何十年も活躍してきたガスは視力が弱ってきているいま、年齢による衰えをごまかしきれない。それでも引退するつもりのないガスに対し、アトランタ・ブレーブスのフロントは疑問を持ち始める。そんな苦しい立場に追い込まれているガスを助けられるかもしれない人物は唯一の家族、娘のミッキー。彼女がスカウトに同行し、ガスの目の代わりを務めることだった。良好な関係ではない2人だったが、ガスの抵抗を受けながらも、ミッキーはスカウトのためガスに付き添うことになり…。

スタッフ

監督

ロバート・ロレンツ

キャスト

作品データ

  • 2012年11月23日より丸の内ピカデリー3ほか全国にて公開
  • 原題Trouble with The Curve
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
ジャンル
感情タグ

『人生の特等席』関連記事

アカデミー賞前哨戦で、『ゼロ・ダーク・サーティ』が最多3部門受賞の快挙! 画像
スクープ

アカデミー賞前哨戦で、『ゼロ・ダーク・サーティ』が最多3部門受賞の快挙!

早いものでもう年末。年が明ければ、映画界の一大イベントとも言えるアカデミー賞のノミネートが発表となり、2月には授賞式も開催される。まだまだ先のこと…と思うなかれ。本国アメリカでは5日(現地時間)、アカデミー賞前哨戦と言える「ナショナル・ボード・オブ・レヴュー賞」(以下、NBR)が発表された。今後の賞レースを占うこの賞で、今年最も湧かせたのはどの作品?

今どき働き女子アンケート! 8割以上は「仕事より大切なものがある」 画像
レポート

今どき働き女子アンケート! 8割以上は「仕事より大切なものがある」

引退目前のベテラン野球スカウトマン・ガスと、彼の最後の仕事を手助けしようと、スカウトに同行する一人娘・ミッキー。クリント・イーストウッド主演最新作『人生の特等席』は、父娘の思いがけない二人旅を通して、家族の絆や“本当に大切なもの”を見つめる。シネマカフェでは本作の独占試写会に、働き女子を限定ご招待。上映後のアンケートから、今どきの働き女子の“仕事観”についての本音が明らかになった。

『人生の特等席』監督インタビュー “師匠”クリントと歩んだ監督デビュー 画像
インタビュー

『人生の特等席』監督インタビュー “師匠”クリントと歩んだ監督デビュー

1989年に映画人としてのキャリアをスタートさせてから、20年以上。『硫黄島からの手紙』や『ミリオンダラー・ベイビー』など、『マディソン郡の橋』以来17年に渡りクリント・イーストウッドの下で映画作りを学び、今年、満を持して監督デビューを果たすロバート・ロレンツ。クリントの弟子であり、同時に親友でもあるこの“遅咲きのルーキー”が作り上げたのが『人生の特等席』だ。初監督への想い、そして現場でのクリントとの撮影当時のエピソードを余すところなく語ってもらった。

J・ティンバーレイク&A・アダムス インタビュー 『人生の特等席』へ通じる家族の絆 画像
インタビュー

J・ティンバーレイク&A・アダムス インタビュー 『人生の特等席』へ通じる家族の絆

グラミー賞6つ、エミー賞2つを獲得するなど若くして成功を収め、、さらに最近では『ソーシャルネットワーク』や『TIME/タイム』など映画界でも精力的に活躍の幅を広げるジャスティン・ティンバーレイク。片や、長い下積み時代を経て、2005年の『ジューンバッグ』で注目を浴びてブレイクを果たし、その後はディズニー映画『魔法にかけられて』を始め『ザ・マペッツ』などミュージカル作品に引っ張りだことなったエイミー・アダムス。そんな2人が初共演を果たしたのが、ハリウッドの“生ける伝説”クリント・イーストウッドの4年ぶりの俳優復帰作『人生の特等席』だ。クリントとの初タッグや厳しいショービズの世界で生きる上で感じる家族の大切さなどプライベートな部分までたっぷり語ってもらった。

“哀愁漂うオヤジ”ランキング結果発表! C・イーストウッドが圧倒的な支持で1位に 画像
レポート

“哀愁漂うオヤジ”ランキング結果発表! C・イーストウッドが圧倒的な支持で1位に

秋を超え、徐々に冬の足音が聞こえ出す今日この頃。なぜか寂しさがつきまとうこの季節に、まさにうってつけの男たちがいる。シネマカフェのランキング企画「シネマカフェゴコロ ランキング5」では、「哀愁漂う渋いオヤジ」をテーマにアンケートを実施。誰もが認めたくなる背中で語る親父を大発表!

【TIFFレポート】仏映画『もうひとりの息子』がグランプリ&監督賞2冠 画像
レポート

【TIFFレポート】仏映画『もうひとりの息子』がグランプリ&監督賞2冠

10月20日(土)より東京・六本木ヒルズを中心に開催されていた第25回東京国際映画祭が10月28日(日)に閉幕。各賞が発表され、フランス映画の『もうひとりの息子』が最高賞の「東京サクラ グランプリ」と最優秀監督賞(ロレーヌ・レヴィ監督)の2冠を獲得。昨年の『最強のふたり』に続いて2年連続でフランス映画が最高賞を受賞する結果となった。また一般観客の投票で選ばれる「観客賞」を日本から出品された松江哲明監督の『フラッシュバックメモリーズ 3D』が受賞した。

ジャスティン・ティンバーレイク、ジェシカ・ビールがイタリアで挙式 画像
ゴシップ

ジャスティン・ティンバーレイク、ジェシカ・ビールがイタリアで挙式

ジャスティン・ティンバーレイクとジェシカ・ビールが19日(現地時間)、イタリアのナポリで挙式した。

“ショービズ界の申し子”J・ティンバーレイク イーストウッドとの共演に大興奮 画像
スクープ

“ショービズ界の申し子”J・ティンバーレイク イーストウッドとの共演に大興奮

2010年公開の『ソーシャル・ネットワーク』で本格的に映画俳優としてデビューして以来、翌年にはキャメロン・ディアスと共演を果たした『バッド・ティーチャー』に『TIME/タイム』と次々に話題作へと出演している、ジャスティン・ティンバーレイク。そんな彼が、ついに“ハリウッドの生ける伝説”クリント・イーストウッドと共演を果たした『人生の特等席』が今冬より公開! クリントも認めるジャスティンの魅力とは?

ジャスティン・ティンバーレイク、新作ロマコメでアル中の料理評論家に!? 画像
ゴシップ

ジャスティン・ティンバーレイク、新作ロマコメでアル中の料理評論家に!?

ジャスティン・ティンバーレイクが、新作ロマンスコメディ『The Last Drop』(原題)の主演候補に挙がっており、アルコール中毒の料理評論家を演じる見込みだという。

前田敦子が東京国際映画祭のアンバサダーに就任 「映画館に行ったら隣にいるかも」 画像
レポート

前田敦子が東京国際映画祭のアンバサダーに就任 「映画館に行ったら隣にいるかも」

今年で25回目を迎える東京国際映画祭(以下、TIFF)の記者会見が、9月20日(木)、東京・六本木で行われ、上映作品の選定に携わったプログラミングディレクターの矢田部吉彦やチェアマンの依田巽らTIFF関係者に加え、今年のアンバサダーに就任した女優・前田敦子、コンペティション部門に出品することとなった映画監督・松江哲明が出席した。

C・イーストウッドから日本へ特別メッセージも! 『人生の特等席』予告編が到着 画像
スクープ

C・イーストウッドから日本へ特別メッセージも! 『人生の特等席』予告編が到着

クリント・イーストウッドが俳優として4年ぶりにスクリーン復帰を果たした今秋の注目作『人生の特等席』。このほど、特別予告編がウェブ限定で解禁となり、クリントからの日本のファンに向けたビデオメッセージと感動の予告編が収められた貴重な映像がシネマカフェに到着した。

ジャスティン・ティンバーレイク、故郷のNBAチームの株主に? 画像
ゴシップ

ジャスティン・ティンバーレイク、故郷のNBAチームの株主に?

ジャスティン・ティンバーレイクが、NBAチームの株主になることを検討中のようだ。ジャスティンは自身の故郷・テネシー州メンフィスがホームとなるNBAチームのメンフィス・グリズリーズの株の購入に興味を示しているという。

クリント・イーストウッド、4年ぶりの俳優復帰作『人生の特等席』日本公開決定! 画像
スクープ

クリント・イーストウッド、4年ぶりの俳優復帰作『人生の特等席』日本公開決定!

自ら監督・主演を務めた『グラン・トリノ』('08)をもって「もう積極的に役は探さない」と語り、実質的な俳優引退宣言をしていた伝説の映画人クリント・イーストウッド。今年で82歳を迎える彼が俳優としてスクリーンに復帰する最新作『人生の特等席』が、“勤労感謝の日”である11月23日(金・祝)より公開されることがこのたび明らかとなった。

page top