『陰謀のスプレマシー』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

元CIA捜査官で今は民間防犯装置会社の責任者ローガンは、愛する娘エイミーと2人過ごしていた。ある日突然、勤めていた会社が消えた。グループ会社のハルゲートへ原因追究に行くが、元々その子会社の警備会社は存在しないと言われ、全ての証明データも抹消されていた。帰りがけに元同僚のフロイドに抹殺のターゲットにされ襲われるが、かろうじて逃げる。フロイドが持っていた鍵で開けたコインロッカーにある書類が。元同僚の暗殺予定者リストだった。自分もリストに入っていることを知ったローガンは“不法滞在者”となり捜査していくと、ある機密書類を手に入れる。巨大組織ハルゲートとCIAに関係があり、そして、ローガンのCIA元同僚のアンナが関わっていたのだった。事実を目の前にして、愛娘エイミーが組織に誘拐されてしまう。ローガンは娘の釈放を条件に機密書類を引き渡す取引をするが…国家のある陰謀を暴くことができるのか?無事娘を救出できるのか?

スタッフ

監督

フィリップ・シュテルツェル

キャスト

作品データ

  • 2013年1月12日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開
  • 原題The Expatriate
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2011 EXPATRIATE FILMS INC. AND ENTERTAINMENT MOTION PICTURES BELGIUM SPRL, 2011. ALL RIGHTS RESERVED
ジャンル
感情タグ
page top