『ハッピーエンドが書けるまで』作品情報

2015年6月27日 公開の映画作品

あらすじ

離婚して3年の作家ビル(グレッグ・キニア)は、別れた妻エリカ(ジェニファー・コネリー)に未練があり、3年たっても彼女の家を覗きにいくという日々を送っていた。ビルの娘サマンサ(リリー・コリンズ)は父親を捨て新たな男と付き合う母親を毛嫌いし、3年間母親と話していない。また、両親の浮気と離婚を目の当たりにし、恋愛や結婚にマイナスなイメージしかない彼女は他人を受け入れることができなくなっていた。そして、ビルの息子ラスティ(ナット・ウルフ)は姉とは違い母親とも関係を保ちつつ、ドラッグの問題を抱えるケイト(リアナ・リベラト)に初めて恋をする。愛を失った父親、愛を信じない娘、愛に臆病な息子。たくさんの思いを抱えた3人が悩んで、気づいて、踏み出した時、人生に変化が訪れ始める…。

スタッフ

監督

ジョシュ・ブーン

キャスト

作品データ

  • 2015年6月27日より新宿シネマカリテ、渋谷シネパレスほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2012 Writers the Movie,LLC
ジャンル
感情タグ
page top