ドラマ 『ボヴァリー夫人』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

修道院出の夢見がちな少女エマは、情熱的かつ華やかな結婚生活を夢見て年上の医師チャールズ・ボヴァリーと結婚する。しかしその生活はエマが思い描いていたようなロマンティックなものとは程遠く、静かな田舎町と退屈な夫の存在は次第に彼女の心に暗い影を落としてゆく。やがて心の隙間を埋めるかのように、エマは知人の紹介で知り合った美しい青年レオンに惹かれてゆく。レオンもまたエマに情熱的な思いをぶつけるが、 人妻という立場はかろうじてエマの恋心を押しとどめ、思いは実ることなく彼は仕事のために都会へと去っていってしまう。再び孤独になったエマは、ほどなくして雇い人を夫の もとへ診察に連れてきた資産家のマルキと出会う。ひと目会った瞬間からエマを気に入っ たマルキは、世慣れた態度と甘い言葉で彼女を口説き始める。エマは既存の道徳観を超越するかのようなマルキの堂々たる振る舞いに戸惑いを感じつつも憧れを抱き、遂には体を許してしまう。夫ではない男に抱かれ、かつてない幸福を感じるエマ。それがやがて訪れる悲劇の幕開けだとも知らずに...。

スタッフ

監督

ソフィー・バルテス

キャスト

  • ミア・ワシコウスカ

作品データ

  • 2016年7月17日より新宿シネマカリテほか全国にて公開
  • 原題MADAME BOVARY
  • 製作年2014
  • 製作国ドイツ、ベルギー、アメリカ
  • 上映時間119分
  • 映倫区分
  • 配給会社クロックワークス
  • クレジット© 2014 BOVARY DISTRIBUTION LTD. ALL RIGHT RESERVED.
ジャンル
感情タグ
page top