『ペトルーニャに祝福を』作品情報

2020年4月25日 公開の映画作品

あらすじ

この作品は、北マケドニアの小さな街、シュティプを舞台に、女人禁制の伝統儀式に思いがけず参加してしまった1人の女性が巻き込まれる騒動を描く物語。32歳のペトルーニャは、美人でもなく、体型は太め、恋人もいない。大学で学んだのに仕事はウィトレスのバイトだけ。主義を曲げて臨んだ面接でもセクハラに遭った上に不採用となった彼女は、帰り道に地元の伝統儀式に遭遇する。それは、司祭が川に投げ入れた十字架を男たちが追いかけ、手に入れた者には幸せが訪れると言われるもの。ペトルーニャは思わず川に飛び込むと、その“幸せの十字架”を手に入れる。しかし男たちは「女が取るのは禁止だ!」と男たちから猛反発を受け、さらには教会や警察を巻き込んでの大騒動に発展していく…。

cocoレビューを見る

予告動画・特別映像

  • 『ペトルーニャに祝福を』予告 『ペトルーニャに祝福を』予告

スタッフ

監督

テオナ・ストゥルガル・ミテフスカ

キャスト

  • ゾリツァ・ヌシェヴァ
  • ラビナ・ミテフスカ

作品データ

  • 2020年4月25日より岩波ホールほか全国にて公開
  • 原題God exists,her neme is Petrunya(英題)
  • 製作年2019
  • 製作国北マケドニア、フランス、ベルギー、クロアチア、スロヴェニア
  • 上映時間100分
  • 映倫区分
  • 配給会社アルバトロス・フィルム
  • クレジット©Sisters and Brother Mitevski Production,Entre Chien et Loup,Vertigo.Spiritus Movens Production,DueuxiemeLigne Films, EZ Films-2019 All rights reserved
ジャンル
感情タグ
page top