『けんか空手 極真拳』作品情報

1975年8月9日 公開の映画作品

あらすじ

戦後初めての全日本空手道選手権大会に、大山倍達は飛び入りで参加。圧倒的な強さで日本一になるものの、空手界の大御所たちは「寸止めではなく直接打撃制」を主張する大山を危険分子として扱い、「けんか空手」、「邪道空手」と非難し、孤立させる。そんな大山は妻と出会い、弟子もでき、村を暴走する牛と戦い、倒したことから世間から認知されていく。しかし弟子の行動が裏目に出て、彼をやむなく破門。正当防衛とはいえ殺人をしてしまうなど、いろいろな障害とぶつかる。それらを乗り越え、様々な敵と戦っていくなかで、大山は自ら信じる空手道の完成を目指し、修行を続けていく。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

山口和彦

キャスト

  • 千葉真一大山倍達
  • 成田三樹夫中曽根龍起
  • 多岐川裕美藤巻智八子
  • 石橋雅史南部棋八郎
  • 千葉治郎有明省吾
  • 室田日出男仁科守雄
  • 由利徹ムッシュ小島
  • 今井健二剣鬼
  • 内田勝正
  • 小林稔侍ニハシ
  • 河合絃司村田警部補

作品データ

  • 原題
  • 製作年1975
  • 製作国日本
  • 上映時間88分
  • 映倫区分G
  • 配給会社東映
  • クレジット
ジャンル
感情タグ
page top