休暇

大塚寧々「小林薫さんと結婚できて良かったです」刑務官の苦悩を描く『休暇』舞台挨拶 画像

大塚寧々「小林薫さんと結婚できて良かったです」刑務官の苦悩を描く『休暇』舞台挨拶

他人の命を奪うことで得られる幸せは、果たして本当の幸福と言えるのだろうか…? 刑務官は死刑執行の際、死刑囚の身体を支える“支え役”を務めると一週間の休暇が与えられる。支え役を買って出て得た休暇で新婚旅行に行くことに迷いながらも、家族に支えられ、そこに答えを見出していく刑務官・平井の姿を描いた『休暇』が6月7日(土)に公開され、平井役の小林薫のほか、大塚寧々、大杉漣、柏原収史ら出演陣と門井肇監督が舞台挨拶に登壇した。

「最初はモンスターとして演じていました」西島秀俊、死刑囚を演じた『休暇』を語る 画像

「最初はモンスターとして演じていました」西島秀俊、死刑囚を演じた『休暇』を語る

死刑執行の際、死刑囚の身体を支える「支え役」を務めた刑務官には1週間の休暇が与えられる。結婚を間近に控えた刑務官の平井は、新婚旅行の休暇を手に入れるため、自ら支え役に志願するのだが…。吉村昭の短編小説を原作に、死刑執行の立会いと自身の結婚を通じて、生と死に向き合う刑務官の姿を描いた『休暇』。本作で死刑囚の金田を演じたのは、近年話題作への出演が続く西島秀俊。死刑という重いテーマを扱った本作について西島さんに話を聞いた。

    Page 1 of 1
    page top