『休暇』作品情報

2008年6月7日 公開の映画作品

あらすじ

子連れの女との結婚を控えた中年の看守・平井(小林薫)。平井が勤務する拘置所には死刑囚の金田(西島秀俊)が収容されており、模範囚ながらつかみどころのない彼の対応を含め、平井は心身ともに大きな負担を抱えていた。披露宴を週末に控えたある朝、金田の刑が2日後に執行されることが平井に言い渡された。処刑の執行補佐を買って出れば、1週間の休暇を与えられると聞いた平井は、苦悩の末、その役に名乗り出る。そして刑は執行され、平井は新妻の美香(大塚寧々)と彼女の息子とともにささやかな新婚旅行に出るが、彼の脳裏からは、死刑執行に加担した記憶がいつまでも離れなくなっていた…。吉村昭の短編小説を原作に、生と死の狭間で揺れる刑務官の姿を描く。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

門井肇

キャスト

  • 小林薫
  • 西島秀俊
  • 大塚寧々
  • 大杉漣
  • 柏原収史
  • 宇都秀星

作品データ

  • 2008年6月7日より有楽町スバル座、お台場シネマメディアージュほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2007「休暇」製作委員会
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『休暇』関連記事

大塚寧々「小林薫さんと結婚できて良かったです」刑務官の苦悩を描く『休暇』舞台挨拶 画像
レポート

大塚寧々「小林薫さんと結婚できて良かったです」刑務官の苦悩を描く『休暇』舞台挨拶

他人の命を奪うことで得られる幸せは、果たして本当の幸福と言えるのだろうか…? 刑務官は死刑執行の際、死刑囚の身体を支える“支え役”を務めると一週間の休暇が与えられる。支え役を買って出て得た休暇で新婚旅行に行くことに迷いながらも、家族に支えられ、そこに答えを見出していく刑務官・平井の姿を描いた『休暇』が6月7日(土)に公開され、平井役の小林薫のほか、大塚寧々、大杉漣、柏原収史ら出演陣と門井肇監督が舞台挨拶に登壇した。

「最初はモンスターとして演じていました」西島秀俊、死刑囚を演じた『休暇』を語る 画像
インタビュー

「最初はモンスターとして演じていました」西島秀俊、死刑囚を演じた『休暇』を語る

死刑執行の際、死刑囚の身体を支える「支え役」を務めた刑務官には1週間の休暇が与えられる。結婚を間近に控えた刑務官の平井は、新婚旅行の休暇を手に入れるため、自ら支え役に志願するのだが…。吉村昭の短編小説を原作に、死刑執行の立会いと自身の結婚を通じて、生と死に向き合う刑務官の姿を描いた『休暇』。本作で死刑囚の金田を演じたのは、近年話題作への出演が続く西島秀俊。死刑という重いテーマを扱った本作について西島さんに話を聞いた。

page top