かぞくのくに

ボクサーから風俗嬢まで…安藤サクラの凄まじさを堪能できる名作映画5選 画像
最新ニュース

ボクサーから風俗嬢まで…安藤サクラの凄まじさを堪能できる名作映画5選

第71回カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いた『万引き家族』(是枝裕和監督)で、万引きで生計を立てる一家の“母”を演じている安藤サクラ。今後ますます注目が集まることが必至の彼女の魅力、凄まじさがよくわかる5作品をご紹介します。

安藤サクラ、女優賞W受賞の快挙に「子孫にも感謝」と珍挨拶も監督は涙 画像
最新ニュース

安藤サクラ、女優賞W受賞の快挙に「子孫にも感謝」と珍挨拶も監督は涙

第86回キネマ旬報ベスト・テン表彰式が2月10日(日)に都内で開催され、作品賞に輝いた『かぞくのくに』のヤン・ヨンヒ監督、同賞の歴史で初の主演・助演女優賞をW受賞の快挙を…

釜山映画祭レッドカーペットで佐藤健、加瀬亮らもファンに笑顔! 画像
最新ニュース

釜山映画祭レッドカーペットで佐藤健、加瀬亮らもファンに笑顔!

アジア最大級の映画の祭典、第17回釜山国際映画祭が4日(現地時間)、韓国・釜山市で開幕した。

『かぞくのくに』、第85回米国アカデミー賞外国語映画賞部門の日本代表作品に決定! 画像
最新ニュース

『かぞくのくに』、第85回米国アカデミー賞外国語映画賞部門の日本代表作品に決定!

在日コリアン2世であるヤン・ヨンヒ監督が自身の実体験を基にオリジナル脚本で手がけた初のフィクション映画『かぞくのくに』が、来年開催される第85回米国アカデミー賞外国語映画賞部門の日本代表作品に決定した。

“メガネ男子”ランキング結果発表! 向井理らインテリ&塩顔な男たちが上位に 画像
最新ニュース

“メガネ男子”ランキング結果発表! 向井理らインテリ&塩顔な男たちが上位に

ときにクールであったり、ときに知的な雰囲気で女子たちの母性本能をくすぐる“メガネ男子”。シネマカフェのランキング企画「シネマカフェゴコロ ランキング5」では、「“メガネ男子”が似合う俳優」をテーマにアンケートを実施! 気になる上位には、やはり知的なイメージの高学歴男子たちの名前が揃った。

『かぞくのくに』ヤン・ヨンヒ監督、“分身”安藤サクラに目を細める 画像
最新ニュース

『かぞくのくに』ヤン・ヨンヒ監督、“分身”安藤サクラに目を細める

第62回ベルリン国際映画祭フォーラム部門で国際アートシアター連盟賞を受賞したヤン・ヨンヒ監督の最新作『かぞくのくに』が8月4日(土)、東京・テアトル新宿で封切られ、ヨンヒ監督を始め、出演する安藤サクラと井浦新の3人が初日舞台挨拶を行った。50年代から始まった北朝鮮への帰国事業を題材に、ヨンヒ監督がオリジナル脚本を手がけた初のフィクション映画。自身の実体験がベースになっており「兄に会えなくなるのと引き換えに、この映画が世に出た」と複雑な胸中を明かし、「いまでもサクラちゃんは、私の“分身”に思えて仕方ない。サクラちゃんがお兄ちゃんと一緒にいてくれる感じ」と目を細めていた。

『かぞくのくに』井浦新の静寂なる熱 「人間そのものへの興味が尽きない」 画像
最新ニュース

『かぞくのくに』井浦新の静寂なる熱 「人間そのものへの興味が尽きない」

「なりきる」というのとは違う。「魂をすくい取る」とでも表現すべきだろうか? 井浦新は自らが演じる人物に真摯に向き合い、映画の中を生きる。「政治や思想ではなく、そうやって生きるに至った人物そのものに興味がある」という本人の言葉通り、革命を信じ内ゲバを繰り広げた極左の活動家から自衛隊の決起を呼びかけ割腹自殺を遂げた三島由紀夫、旧日本軍の軍人に怨霊伝説で後世にその名を記憶される悲劇の帝まで、イデオロギーや時代を超えて様々な人物を演じてきた。そんな彼が最新作『かぞくのくに』で演じるのは、70年代に家族と別れ北朝鮮に移住し、25年を経て病気療養のために日本に一時帰国をすることになったひとりの“異邦人”。在日コリアン2世であるヤン・ヨンヒ監督自身の体験を基にした本作で井浦さんは何を感じ、伝えようとしたのか?

井浦新の提案で観客と即席の質疑応答 『かぞくのくに』モントリオール出品も決定! 画像
最新ニュース

井浦新の提案で観客と即席の質疑応答 『かぞくのくに』モントリオール出品も決定!

映画『かぞくのくに』のジャパン・プレミア試写会が7月12日(木)に都内で開催され、ヤン・ヨンヒ監督を始め、主演の安藤サクラに井浦新(ARATA改め)、この日のイベントのために来日したヤン・イクチュンが舞台挨拶に登壇した。また、本作のモントリオール国際映画祭への出品、韓国での劇場公開が正式に決定したことも発表された。

真実はどこにあるのか?『それでもボクはやってない』瀬戸朝香インタビュー 画像
最新ニュース

真実はどこにあるのか?『それでもボクはやってない』瀬戸朝香インタビュー

キリッとした眼差し、凛とした佇まい──女優、瀬戸朝香の放つ魅力を一言でいうと、女性が憧れるかっこいい女性ではないだろうか。TVドラマはもちろん『DEATH NOTE』、『BLACK NIGHT』など映画でも活躍をみせた2006年。そして2007年の正月第1弾、痴漢冤罪事件をテーマに日本の裁判のあり方を描いた社会派ムービー『それでもボクはやってない』では、新人弁護士・須藤莉子を演じている。周防正行監督が『Shall We ダンス?』以来、実に11年ぶりにメガホンを取ったことで注目を集めている話題作だ。

恋する男たち 特集 vol.3 ディラン・クォ 特別インタビュー 画像
最新ニュース

恋する男たち 特集 vol.3 ディラン・クォ 特別インタビュー

187cmの長身と甘いマスクという“いい男”要素を兼ね備えた、台湾出身の俳優ディラン・クォ。日本では一足早くサイコ・ホラー『BLACK NIGHT』が公開されているが、純愛ラブストーリー『雨音にきみを想う』の彼もまた魅力的。19歳でモデル活動を始め、日本でも“台湾の速水もこみち”と言われ、人気急上昇中のディランにインタビューを敢行!

    Page 1 of 1
    page top