シネマVOYAGE

旅したくなる映画、映画を観たくなる旅

  • 新谷里映(Rie Shintani)

    新谷里映情報誌、音楽誌、ファッション誌の編集ウーマンを経て独立。現在は映画、音楽、舞台などエンターテイメントを中心にライター&インタビュアーとして活動中。雑誌「MORE」にてシネマページ、ELLE Onlineにて「DVDから恋と人生を学ぶ女子的シネマ名言集」などを連載中。

COLUMN LIST

  • シネマモード
  • シネマカフェ的海外ドラマ
  • シネマVOYAGE
  • ハリウッドより愛をこめて
  • 美的アジア
  • ドラマニア

LATEST COLUMNS

【シネマVOYAGE】海から現れたミステリアスな男を受容する不思議な街…『海を駆ける』 画像

【シネマVOYAGE】海から現れたミステリアスな男を受容する不思議な街…『海を駆ける』

深田晃司監督の映画は「考えさせてくれる」映画で、新作の『海を駆ける』も、やはり考えさせてくれる映画。そして不思議な感動と出会わせてくれた映画でした。

【シネマVOYAGE】名作に魅せられた少女が、イタリア中を旅する『フェリーニに恋して』 画像

【シネマVOYAGE】名作に魅せられた少女が、イタリア中を旅する『フェリーニに恋して』

誰にでも映画に興味を持つきっかけとなった特別な1本があるのではないだろうか。子供の頃に観た強烈なホラーだったり、うっとり憧れるロマンスだったり、お医者さんや警察官、消防士…映画のキャラクターや職業に刺激を受けて将来を決めた人だっているだろう。

【シネマVOYAGE】人生の終わりに向けて、自分と周囲を変えた1人の女性 画像

【シネマVOYAGE】人生の終わりに向けて、自分と周囲を変えた1人の女性

必ず旅の終わりはやってくる、これからどんな人生を送りたいのか、どんな旅に出たいのか、そんなふうに旅と人生について考えるきっかけは『あなたの旅立ち、綴ります』という映画でした。

【シネマVOYAGE】人の記憶は曖昧で不確か…誰もが経験する青春時代をたどって見えてきたもの 画像

【シネマVOYAGE】人の記憶は曖昧で不確か…誰もが経験する青春時代をたどって見えてきたもの

誰にとっても初恋は特別なものであり、初恋の記憶は鮮明に記憶されていると思っていたが、主人公が初恋の記憶、青春の記憶をたどることで見えてくる謎と真実を描いた『ベロニカとの記憶』を観て気づかされた

【シネマVOYAGE】世界一幸福な国が辿った歴史――国王が下した“ある決断”とは 画像

【シネマVOYAGE】世界一幸福な国が辿った歴史――国王が下した“ある決断”とは

今月のシネマな旅先はノルウェーです。映画『ヒトラーに屈しなかった国王』は、1940年にナチス・ドイツ軍に首都オスロを侵攻され、次々と主要都市を占領され、降伏を迫られながらも抵抗し続けたノルウェーの国王ホーコン7世の運命の3日間を描いた映画です。

【シネマVOYAGE】地上10cmの“猫目線”でイスタンブールの街へ 画像

【シネマVOYAGE】地上10cmの“猫目線”でイスタンブールの街へ

トルコの古都イスタンブールと言えば、アヤソフィア、ブルーモスク、トプカプ宮殿といった美しい歴史的建造物を思い浮かべるが…

【シネマVOYAGE】はじまりは50秒の作品だった――映画のルーツを旅する『リュミエール!』 画像

【シネマVOYAGE】はじまりは50秒の作品だった――映画のルーツを旅する『リュミエール!』

毎週末、約20本の新作映画が公開されている。日本で1年間に公開される映画の数は1,149本(※連盟調べ)。世界で1年間に作られている映画の数は5,000本以上になるそうだ…

【シネマVOYAGE】“ナミヤ雑貨店”のあの町へ…大分県・豊後高田が残した昭和の街並み 画像

【シネマVOYAGE】“ナミヤ雑貨店”のあの町へ…大分県・豊後高田が残した昭和の街並み

映画を観て「実際にあの場所に行ってみたい」と思うことはたくさんあるだろう。画になるカフェ、美しい海岸、歴史的建造物、眺めのいい丘…

【シネマVOYAGE】ブランコ&干し草のベッド…“いつかやってみたい”妄想が膨らむスイスの旅へ 画像

【シネマVOYAGE】ブランコ&干し草のベッド…“いつかやってみたい”妄想が膨らむスイスの旅へ

子どもの頃に観たアニメーションには、“いつかやってみたい”ことがたくさん詰まっていました。たとえば再放送で観ていた「アルプスの少女ハイジ」…

【シネマVOYAGE】人と人との心の繋がり――フィリピンのスラム街で描く生きるための旅『ブランカとギター弾き』 画像

【シネマVOYAGE】人と人との心の繋がり――フィリピンのスラム街で描く生きるための旅『ブランカとギター弾き』

旅行サイトでフィリピンのツアーを検索すると、セブ島、マニラ、エルニド、ボラカイ島…などがおすすめツアーとして出てくる…

【シネマVOYAGE】桜&郷土料理…日帰りでも楽しめるくまもと復興映画祭 画像

【シネマVOYAGE】桜&郷土料理…日帰りでも楽しめるくまもと復興映画祭

海外の映画祭を訪れることは難しくても、日本各地で開催されている映画祭は、日帰り~1泊で行くことができますよね…

【シネマVOYAGE】初心者でも楽しめる!オペラハウスの最高峰『ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿』 画像

【シネマVOYAGE】初心者でも楽しめる!オペラハウスの最高峰『ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿』

ミラノと言えば、日本のイタリアンレストランで目にするミラノ風リゾットやミラノ風サラダなどの“ミラノ風”メニューだったり、全国各地にある映画館の名前にミラノが…

【シネマVOYAGE】ジャングルありビーチありのブラジル・イタカレとは?『世界の果てまでヒャッハー!』 画像

【シネマVOYAGE】ジャングルありビーチありのブラジル・イタカレとは?『世界の果てまでヒャッハー!』

大人になってからよく見るようになったもののなかに、旅、世界遺産、秘境、絶景…などの番組がある。たとえば「世界の車窓から」とか「世界の街道をゆく」「世界遺産」などを…

【シネマVOYAGE】ラングドン教授と芸術の旅へ…魅力的な『インフェルノ』ロケ地 画像

【シネマVOYAGE】ラングドン教授と芸術の旅へ…魅力的な『インフェルノ』ロケ地

『ダ・ヴィンチ・コード』『天使と悪魔』、そしてシリーズ3作目となる『インフェルノ』──世界遺産や世界的観光名所を舞台に、主人公であるハーバード大学の宗教象徴学者…

【シネマVOYAGE】ゆっくり過ごす旅に連れて行きたい本「名編集者パーキンズ」 画像

【シネマVOYAGE】ゆっくり過ごす旅に連れて行きたい本「名編集者パーキンズ」

出張でもない、家族や友人たちとの賑やかな旅行でもない、ただゆっくり過ごす旅に出るとしたら、何を持って行くのか、何を持っていきたいか──を考えるのが好きだ…

【シネマVOYAGE】『レッドタートル』男と女の物語はシンプルで深い セリフなしの“心の旅”へ 画像

【シネマVOYAGE】『レッドタートル』男と女の物語はシンプルで深い セリフなしの“心の旅”へ

スタジオジブリ最新作『レッドタートル ある島の物語』の原作・脚本・監督はマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット…

【シネマVOYAGE】旅ごころをくすぐられて…『ロング・トレイル!』 画像

【シネマVOYAGE】旅ごころをくすぐられて…『ロング・トレイル!』

大好きなロバート・レッドフォードが出ているから――という理由で観た『ロング・トレイル!』ですが、とんでもなく“旅”ごころをくすぐる映画でした。

【シネマVOYAGE】少女たちの輝きに魅せられて…『裸足の季節』 画像

【シネマVOYAGE】少女たちの輝きに魅せられて…『裸足の季節』

映画を通じてその国の文化を知る、そこに生きる人たちの生活を知る、そして映画をきっかけに旅に出たいと思う――。

【シネマVOYAGE】ベルギーに思いを寄せて…『素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店』 画像

【シネマVOYAGE】ベルギーに思いを寄せて…『素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店』

映画『素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店』は、オランダ人作家ベルカンポの短編小説「De Surprise」に惚れ込んだオランダのマイク・ファン・ディム監督が、ベルギーの首都ブリュッセルを舞台に描くダークコメディ。

【シネマVOYAGE 】故郷へと帰る小さな旅…『モヒカン故郷に帰る』 画像

【シネマVOYAGE 】故郷へと帰る小さな旅…『モヒカン故郷に帰る』

そうか、故郷に帰ることもひとつの旅なんだ――と、『モヒカン故郷に帰る』を観て自分の故郷を思い出しました。

【シネマVOYAGE】究極の絶景に出会う『エヴェレスト 神々の山嶺』 画像

【シネマVOYAGE】究極の絶景に出会う『エヴェレスト 神々の山嶺』

標高8848m! 氷点下50度! 最大風速50m以上!──エヴェレストは登山家が挑む山であり、ごく普通の人が気軽に登れる山ではない、自分には縁の無い場所だと…

【シネマVOYAGE】建物が語りかける不思議体験…『もしも建物が話せたら』 画像

【シネマVOYAGE】建物が語りかける不思議体験…『もしも建物が話せたら』

建物のドキュメンタリーというと、その建物はどうやって出来たのかとか、有名な建築家について語られているとか、でもこのジャンルにそれほど興味を持っていない人に…

  1. 1
  2. 2
  3. 3
Page 1 of 3
page top