蜷川実花ベルリンにて『さくらん』写真展開催決定

最新ニュース

『さくらん』メイン
  • 『さくらん』メイン
  • 『さくらん』サブ1
  • 蜷川実花ベルリンにて『さくらん』写真展開催決定
2月8日より開催される第57回ベルリン国際映画祭。「特別招待作品/ベルリナーレ・スペシャル」に、唯一の日本映画として蜷川実花監督デビュー作品『さくらん』が選定され、大きな話題を呼んだのは記憶に新しいところ。そんな矢先、『さくらん』のワールドプレミアが行われる9日の翌日より、現地・ベルリンにて蜷川実花の写真展が開催されることが急遽決定。「蜷川実花“さくらん”写真展」(mika ninagawa“SAKURAN”photoexhibition in berlin)と称して2月10日〜18日の間、ベルリンにある美術ギャラリー「Arndt & Partner Berlin」にて現地にいるドイツの人々はもとより、映画祭に集まる多くの世界の映画人の目に『さくらん』の世界が触れることとなった。

初監督作品にしてベルリン映画祭のメイン作品に決定、同時に写真展をも開催してしまうというこの快挙に、蜷川さんも「本業は写真なので、写真を同時に見てもらえる機会ができて本当に嬉しいです」と、“映画監督”の顔を持つ“フォトグラファー”として、二重の喜びを語った。

写真展ではこの為に急遽新たにプリントされた『さくらん』の極彩色写真に加え、ドイツでの写真展は初めてということもあり、蜷川実花の代表的な作品群を展示する。写真展のプロデュースには、奈良美智や村上隆などのアーティストを世界的な芸術家へと躍進させた「小山登美夫ギャラリー」のアート・プロデューサー、小山登美夫を迎え、2月10日には土屋アンナを始め、映画祭エグゼクティブ・プロデューサー、ディータ・コスリックや映画祭に来場している様々な映画人を招いてオープニング・レセプションが行われる。

©mika ninagawa
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top