シネマカフェ的海外ドラマ生活vol.43 「ヒーローズ」って実はこんなドラマ

最新ニュース

「HEROES/ヒーローズ」
  • 「HEROES/ヒーローズ」
  • 「HEROES/ヒーローズ」
  • 「HEROES/ヒーローズ」
日本人俳優マシ・オカが出演していることで、日本でも高い注目を集めている「HEROES/ヒーローズ」。ただし、「話題なのは知っているけれど、どんなドラマなのか、彼が何の役で出演しているのかよくわかっていない…」という人も実はいるのでは? そこで今回は噂の新ドラマ「HEROES/ヒーローズ」について改めておさらいします。

アメリカで「HEROES/ヒーローズ」の放送が始まったのは昨年の秋。いろいろな新ドラマや人気番組の新シーズンが始まる9月に放送が開始され、瞬く間に高い視聴率を獲得するようになりました。物語は、平凡な日々を送っていた普通の人々が、ある日突然スーパーパワーに目覚めるというもの。N.Y.、L.A.、ラスベガスといった全米各地や東京で暮らしていた主人公たちがそれぞれの能力に気づき、やがて力を駆使して人類の危機を救うべく奔走するようになります。

パワーを持つ主人公たちは第1話からクローズアップされるだけでも10人弱におよび、それぞれの状況が群像劇スタイルで綴られていきます。不死身の体を持て余すテキサスの女子高生・クレア、他人の心を読むことができることに驚きを隠せないL.A.の警官・マット、凶暴な別人格が自分の中にいるらしき、ラスベガスのシングルマザー、ニキ…。世界各地に点在する登場人物たちの姿を次々と映し出していくだけに、舞台設定もワールドワイド。彼らがどのようにしてお互いの存在を知り、どのような形で関わっていくのかも見どころとなっています。

そんな中、肝心のマシ・オカが演じるのは、東京のSFオタクなサラリーマン、ヒロ。時空を操ることができるスーパーパワーに目覚めた彼は、ヒーローとしての使命に燃え、パワーの鍵を握る地N.Y.へと瞬間移動します。無類のSFオタクだからか、そもそも能天気なのか、ヒロは突然の力を前に嬉しさ全開で、N.Y.へ移動した際の第一声は「ヤッター!」。他の仲間たちが抱いたような戸惑いや恐怖に苛まれることなく、新米ヒーローの役割をルンルンと担う彼は番組きっての人気者となり、「ヤッター!」は流行語となりました。では、ヒロが全米の視聴者に愛されているのはなぜか? そして、ヒロを演じるマシ・オカとは何者なのか? 次回も引き続き「HEROES/ヒーローズ」の話にお付き合いくださいませ。



「HEROES/ヒーローズ」
http://www.heroes-tv.jp/

毎週火曜日22:00〜
スーパー!ドラマTVにて放映中

海外ドラマ案内
ドラマパスポート
http://www.cinemacafe.net/drama/heroes/
《text:Hikaru Watanabe》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top