「HEROES」で凱旋の田村英里子「受かった瞬間『夢は叶うんだ』と実感した」

最新ニュース

「HEROES/ヒーローズ シーズン2」田村英里子来日記者会見。
  • 「HEROES/ヒーローズ シーズン2」田村英里子来日記者会見。
  • 「HEROES/ヒーローズ シーズン2」田村英里子来日記者会見。
  • 「HEROES/ヒーローズ シーズン2」田村英里子来日記者会見。
あのメガヒットドラマの「シーズン2」を日本人キャストが席巻! 突如として特殊能力に目覚めた人々の活躍を描き、全米はおろか、世界中で社会現象を巻き起こした「HEROES/ヒーローズ」のシーズン2の放映がいよいよ、7月29日(火)より海外ドラマ専門チャンネル「スーパー!ドラマTV」で始まる。「シーズン2」の舞台はニューヨークでの死闘から4か月後、新たな戦いの火ぶたが切って落とされる。1671年の日本を舞台に展開されるエピソードには、アメリカを拠点に活躍する田村英里子が出演することが決定。7月14日(月)、このたび凱旋帰国を果たした田村さんが出席しての記者会見が行われた。

田村さん演じるのは、1671年の京都の郊外に暮らすヤエコ。マシ・オカ演じるヒロと、伝説の英雄とされるタケゾウ・ケンセイという2人の男の間で翻弄される美しい姫という役どころだが、田村さんはヤエコについて「脚本のチームは、この時代の日本にも強い女性はいたはずという考えを持っていました。その結果生まれたのがこのヤエコで、ステレオタイプな弱い女性ではなく、力強い一面を持っています。ある意味、私自身と近い部分があって演じやすかったです」と説明した。厳しいオーディションを経て、ヤエコ役を勝ちとった田村さんだが、正式に出演が決まった瞬間について「これまで何度もオーディションで落とされてきたので、期待しないようにと心がけていたんです。エージェントからの電話を自宅で受け取り、嬉しくて飛び跳ねました。アメリカに来て初めて『夢は叶うものなんだ!』ということを実感しましたね」とその喜びを語った。「プレッシャーは?」という質問には「注目が集まるのは嬉しいです」と頼もしい答えが返ってきた。

共演したマシ・オカさんについては「見た通りのままの優しい人です。オーディションに受かったとき、マシ・オカが『おめでとう!』って電話してくれたんです。彼もこの作品への出演はオーディションで決まったので、私の気持ちがよく分かるのだと思います。最初の撮影に入る前に、2人で一緒にリハーサルもしたんですよ」と仲の良さを感じさせた。

本作に加え、今後『ドラゴンボール』など話題作への出演も控え、ハリウッドで女優として確固たる地位を築きつつある田村さん。だが、渡米当初は様々な部分で苦労が絶えなかったと言う。「まず第一に、英語の問題。最初は全く話せなかったので、電話に出るのも嫌でしたね。そして、当然ですが日本での実績など全く考慮されないゼロからのスタートでしたので、まずはオーディションにたどり着くまでが大変でした」。そんな田村さんに、いま夢に向かって努力している人たちへのメッセージを求めると「最終的には、自分自身をどれだけ信じられるかだと思います」と力強く語ってくれた。

「日本のシーンは楽しんでいただけると思います」と田村さんが胸を張って薦める「HEROES/ヒーローズ」シーズン2、いよいよ日本上陸。

「HEROES/ヒーローズ シーズン2」
http://www.heroes-tv.jp/
7月29日(火)より毎週火曜日(2か国語版)/金曜日(字幕版)22:00〜放映
海外ドラマ専門チャンネル「スーパー!ドラマTV」
http://www.superdramatv.com/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top