ドリュー・バリモア、世界の終末を描く群像劇で再び監督業に挑戦!

最新ニュース

ドリュー・バリモア
  • ドリュー・バリモア
ドリュー・バリモアが新作『The End』(原題)で監督業に復帰することになった。2009年に『ローラーガールズ・ダイアリー』で監督デビューを果たしたドリューだが、アーロン・エリ・コレティ(「HEROES/ヒーローズ」シリーズ)が脚本を担当する同作は、世界の終末を前にした人々の運命を描く群像劇になる模様だ。

「The Hollywood Reporter」紙が報じるには、地球最後の日まで自分の番組の放送を続けることを決心したロンドンのラジオDJや、東京では妻と赤ん坊に会おうと奔走するある男性が、アメリカでは世界の終わりにどちらの家族に会いに行くべきかで喧嘩をするティーンエイジャーのカップルといった世界各地の人間模様が描かれるようだ。

ドリューは本作だけではなくロマンティック・コメディ作品『How to be Single』(原題)でも監督を務めるほか、スリラー作品『Heist Society』(原題)のプロデュースも手掛ける予定だ。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top