薬師丸ひろ子&豊川悦司、水川あさみ&石橋蓮司が“漫才”トーク 『今度は愛妻家』

最新ニュース

『今度は愛妻家』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『今度は愛妻家』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『今度は愛妻家』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『今度は愛妻家』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『今度は愛妻家』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『今度は愛妻家』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『今度は愛妻家』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『今度は愛妻家』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
薬師丸ひろ子と豊川悦司が1月16日(土)、東京・丸の内TOEI1でW主演映画『今度は愛妻家』の初日舞台挨拶を行い、“夫婦漫才”を披露した。

同作は、女性に甘く気ままに生きるダメな夫・北見俊介(豊川さん)とおおらかで優しい妻・さくら(薬師丸さん)が、結婚10年目を迎え関係を見つめ直す姿を描くラブファンタジー。薬師丸さんの17年ぶりの映画主演で、豊川さんと映画『きらきらひかる』以来、2度目の夫婦役を演じている。

公開を記念し薬師丸さんは自身約20年ぶりのコンサートを、東京、大阪で行ってきたが、“観客”で参加した豊川さんは、「お前もコンサートをやれ、と言われたらどうしようかな、と思いました。多分やったと思います」と冗舌。

挨拶の締めで司会者から主演2人にメッセージを求められた際にも、薬師丸さんは「一緒に、一緒に」と豊川さん任せな素振り。豊川さんは「おれに? あなたの声が聞きたい方(観客)がたくさんいらっしゃるんじゃないですか。歌いますか?」とフリ。薬師丸さんは笑いをこらえながら「いえ、豊川さんこそ。ずっと聴いてばかりでしたから、歌いたいんじゃないですか?」と切り返し。息の合った掛け合いで、観客の笑いを誘った。

一方、北見家に出入りするオカマを演じた石橋蓮司は「役者は時として意識していない自分を発見することがありますが、今回、絶対にない要素を引きずり出していただき、驚きと恐怖を感じました」とニコニコ。“女優”として同じ共演の水川あさみに対し「化粧時間では私が20〜30分で水川さんは1〜2時間。演技的には勝てた。いいライバル同士になれて、これから役を競合すると思います」と競争心を吐露(?)。水川さんも「芝居の時間以外の合間の時間もライバル視していただき、とても光栄に思っています」と応戦。こちらも観客を笑わせていた。

この日は上映後の舞台挨拶。満場の観客からの拍手に行定勲監督は「最近の映画は観客と離れてきた気がしています。今回、200媒体以上の取材を受けましたが、インタビューする人たちが熱かった。多分、自分の人生、生活に重ね合わせてくれたんだと思う。この映画は、僕の、私のことだと思ってもらえたら育っていく作品」と手応えを語りつつ「この映画が当たらなかったら、この後どうするのか」とちょっぴり心配も口にしていた。

『今度は愛妻家』は全国にて公開中。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top