向井理、携帯ドラマで内山理名と夫婦に! 残された妻子に5年越しの“手紙”送る

最新ニュース

「5年後のラブレター」 -(C) BeeTV
  • 「5年後のラブレター」 -(C) BeeTV
  • 「5年後のラブレター」 -(C) BeeTV
  • 「5年後のラブレター」 -(C) BeeTV
NHKの朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」、TBSドラマ「新参者」に出演中の人気俳優、向井理が内山理名と夫婦役を演じるドラマ「5年後のラブレター」が携帯専用放送局「BeeTV」で配信されることが決定した。

向井さんが演じるのは、息子の誕生を見ることなく病でこの世を去ってしまう渉。内山さん扮する菜緒と結婚し、やがて彼女は妊娠するが、その幸せの絶頂のときに渉の病が発覚。“歩夢”という名を生まれてくる我が子に残して渉は死んでしまう。5年後、“海賊からの挑戦状”という形を取って、渉からの手紙が歩夢に宛てて届き…。

先述の「ゲゲゲの女房」、「新参者」に加え、今後も出演映画『BECK ベック』『ハナミズキ』が公開を控えるなど、いま、最も多忙な若手俳優のひとりである向井さん。BeeTVのドラマには昨年配信された「Sweet Room」に続いての出演となる。

今回公開された写真では、新たな命を宿した内山さんのお腹に手を当て、顔を寄せる姿も! 妻と子を残して先立ってしまう父親という難しい役どころだったが「作品を読んで感じたままやろうと思いました。あまり悲しい話にはしたくなかったですし、等身大を演じたかったので、あえて作り込むということはしませんでした」とふり返る。初共演となった内山さんについては「しっかりされていて大人っぽいですが、撮影の合間にお話をするとちょっと抜けていたり、天然なところもあったり。同い年ということもあり、身近に感じられました」とコメント。また、向井さん自身の“ラブレター”のエピソードを尋ねると「中学時代、バレンタインデーのときにもらったラブレターに差出人の名前が書いてなくて、誰がくれたのか凄く気になりました」と明かしてくれた。そして、向井さんがもし、大切な人に何か残すなら? という問いには「残された人のことを考えて、その人が一番笑顔になれるものを残します」との答えが。

内山さんは妊婦役、そして母親役について「(妊婦、母親役を)こんなにきちんと演じたのは初めてでしたが、命を宿すって幸せなことだなと感じました。綿を入れているので重くはないのですが、臨月のお腹は足元が見えないんですね! そこが大変でした。現場に入ってからは、母親の気持ちに少しでも近づけるように息子役の(石川)樹くんとなるべく一緒に過ごすようにし、樹くんのお母さんが現場にいらしていたので、お母さんともコミュニケーションを取ってお母さんの気持ちになれるようにしました」と語ってくれた。

渉が菜緒と歩夢のために最後に残したものは? ラブレターに込めた思いとは——? 「5年後のラブレター」はBeeTVにて5月1日(土)より配信開始。

BeeTV「5年後のラブレター」公式サイト
http://pre.beetv.jp/pages/5_loveletter/

© BeeTV
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top