深キョン&椎名桔平&塚本高史 「結婚しても恋心」で意見一致

最新ニュース

『恋愛戯曲〜私と恋におちてください。〜』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『恋愛戯曲〜私と恋におちてください。〜』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『恋愛戯曲〜私と恋におちてください。〜』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『恋愛戯曲〜私と恋におちてください。〜』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『恋愛戯曲〜私と恋におちてください。〜』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『恋愛戯曲〜私と恋におちてください。〜』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『恋愛戯曲〜私と恋におちてください。〜』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
映画『恋愛戯曲』の初日舞台挨拶が9月25日(土)、東京・千代田区のヒューマントラストシネマ有楽町で行われ、W主演の深田恭子、椎名桔平、共演の塚本高史らが出席した。

劇作家で演出家の鴻上尚史が自身、2度上演した舞台を自らメガホンを取った作品で、スランプ中の人気脚本家・谷山(深田さん)と谷山に“強制恋愛”を仕掛けられるTVプロデューサー(椎名さん)の顛末を描くラブコメディ。

恋愛と結婚の関係性について司会者から考えを尋ねられ、女優の山本未來と結婚して丸7年になる椎名さんは「結婚しても恋をしましょうってことで」。深田さんが「えーっ?」と驚きの声を上げると、「『えーっ』ってあなた、奥さんになっても恋していたいと思うでしょう?」と椎名さん。「ダンナさんに恋をしていたいし、ダンナさんにも恋をされたい」と話す深田さんに、「そういうことです」。2人、意見が一致した。

入籍して4年目の塚本さんも「奥さんに恋心、好きっていう気持ちがあればいい。っていうか結婚しているからほかの女性いらない、って言えばいいのかな?」とハッキリした考え。鴻上監督は、椎名さんと塚本さんを指して「こことここはスキャンダルになっちゃうから、俺しか言えない。だから言いますけど、ときめくことは素敵なことで、片想いでもいいと思う。相手はいつも行くコンビニの店員さんもいいし。そうそういつも、奥さんにときめくことはないでしょう?」と反論。再び椎名さんと目を合わせると「あ、敵対しちゃった?」と苦笑いで、観客の笑いを誘っていた。

『恋愛戯曲〜私と恋におちてください。〜』はヒューマントラストシネマ有楽町、シネセゾン渋谷、新宿武蔵野館ほか全国にて公開中。

特集「新しい恋のカタチ」
http://www.cinemacafe.net/special/renaigikyoku/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top