瀬戸康史 天才的デザインセンスを持つ役に「運命と言っていい」

最新ニュース

『ランウェイ☆ビート』完成披露 photo:Yoko Saito
  • 『ランウェイ☆ビート』完成披露 photo:Yoko Saito
  • 『ランウェイ☆ビート』完成披露 photo:Yoko Saito
  • 『ランウェイ☆ビート』完成披露 photo:Yoko Saito
  • 『ランウェイ☆ビート』完成披露 photo:Yoko Saito
  • 『ランウェイ☆ビート』完成披露 photo:Yoko Saito
  • 『ランウェイ☆ビート』完成披露 photo:Yoko Saito
  • 『ランウェイ☆ビート』完成披露 photo:Yoko Saito
映画『ランウェイ☆ビート』の完成披露試写会が2月8日(火)、東京・新宿区の新宿ピカデリーで行われ、主演の瀬戸康史、共演の桜庭ななみ、田中圭ら主要キャスト7人と大谷健太郎監督が舞台挨拶に立った。  

邦画初のファッションをテーマにした青春ムービーで、高校を舞台に文化祭でファッションショーに挑戦する高校生たちの姿を描いた物語。

天才的デザインセンスを持つ転校生、溝呂木美糸(通称・ビート)を演じる瀬戸さんは「ファッションが好きなところが僕と似ている。学生の頃、古着が流行っていて、パンツを2本買ってきてバラバラにして縫い合わせたり、ハーフパンツにしたり、絵を描いたり、ジャージの生地を合わせたりしていた。だからビート役は運命と言っていいほど僕に似ている」と思い入れタップリ。  

対照的に、ビートに片思いする女子高生・芽衣を演じる桜庭さんは、「芽衣ちゃんはなかなか自分の想いを伝えられないんですけど、私は当たってくだけろタイプ。全然違いました」と苦笑いを見せた。  

また歌手のIMALUが、今作で映画初挑戦。司会者から、誰かからアドバイスは受けた? と聞かれ「そう言えば誰もしてくれなかったです。最初は緊張して心臓がバクバクしていましたが、演技だと深く考えないようにして、監督から言われた通り楽しむように心がけました。特にショーのシーンは素でやらせていただきました」と強心臓ぶりをうかがわせた。  

一方、劇中のスタートから1時間35分過ぎから始まるファッションショーのシーンが3D映像になっていることがこの日、発表に。本シーンについて大谷監督は「ファッションショーって立ち会っている感がないとつまらない。3Dだとそれがあって、ショーと3Dって合っている」と説得力タップリにPRしていた。

映画『ランウェイ☆ビート』は3月19日(土)より全国にて公開。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top