林遣都、“カッパ”コスプレの小栗旬の気遣いに「感動しました!」

最新ニュース

『荒川アンダー ザ ブリッジ』完成披露試写会
  • 『荒川アンダー ザ ブリッジ』完成披露試写会
  • 『荒川アンダー ザ ブリッジ』完成披露試写会
  • 『荒川アンダー ザ ブリッジ』完成披露試写会
  • 『荒川アンダー ザ ブリッジ』完成披露試写会
  • 『荒川アンダー ザ ブリッジ』完成披露試写会
  • 『荒川アンダー ザ ブリッジ』完成披露試写会
  • 『荒川アンダー ザ ブリッジ』完成披露試写会
  • 『荒川アンダー ザ ブリッジ』完成披露試写会
同名人気漫画の実写版としてTVドラマとして7月26日(火)より放送が開始され、その後の映画化も決まっている「荒川アンダー ザ ブリッジ」の完成会見が都内で行われ、主演の林遣都と桐谷美玲、飯塚健監督が出席した。

「聖☆おにいさん」でも知られる人気漫画家・中村光の人気コミックを豪華キャストで実写化。財閥の御曹司でありながらも家を出て、橋の下で暮らすことになったリク(林さん)と、自称“金星人”のニノ(桐谷さん)をはじめとする個性豊かな面々の交流がコミカルに描かれる。林さん、桐谷さんに加え、小栗旬、山田孝之らが被りモノ&特殊メイクで出演するなど製作発表当初より話題を集めていた。

「元々、ギャグ漫画が好き」という林さんは最初に原作を読んで「見たことのない笑いを持っている漫画でした。キュンとする瞬間やグッとくるメッセージを持っていた」とその面白さの虜になった。桐谷さんは「どうやって実写化するんだ? って思いました。分からないからドキドキワクワクして、現場に入るのが楽しみでした」とふり返る。

撮影中は芸達者な実力派の共演陣が扮した濃いキャラクターが繰り出す芝居に、2人とも「笑いをこらえるのが大変だった」そう。桐谷さんは、“星”とカッパのコスプレの“村長”に扮した山田さんと小栗さんについて「(あの格好の2人を見るのに慣れて)素でいるのを見ると不思議です。普通の格好でTVに出てたりするのを見ると緊張する」と可笑しそうに明かしてくれた。

林さんは、初共演となった小栗さんとの思い出が特に印象深かったようで「監督に『主演は座長だ』と言われたんですが、それをみなさんが漏れ聞いて、食事などに行ったときに特に小栗さんに『お前、座長なんだって?』と言われました。それからみんなに現場では“座長”と呼ばれて最初はプレッシャーでしたがだんだん心地よくなりました」と明かした。また、小栗さんからは、数々のイタズラをしかけられたそうだが「終わった後に小栗さんが『(作品では)リクの人間が変わっていくのが描かれるけど、それと同じように遣都自身の表情が柔らかくなっていけばいいなと思ってやった』と仰っていたそうで感動しました」と先輩の心遣いに目を輝かせていた。

ドラマ版と映画が一緒に撮影されたが、監督は「俳優のスケジュールを抑えるのが大変でした。リクは映画とドラマで存在の仕方が違うんですが、午前中と午後で映画とドラマを撮影ということもあって、林くんには苦労をかけた」と労った。

この日は、小栗さんや山田さん、城田優など共演陣からのビデオメッセージも上映され、小栗さんは作品を「シュール。やみ鍋みたいな感じ」と評し、山田さんも「いい大人が何やってるんだ? と言われそうな作品ですが、勇気づけられる、深い意味のある作品です」とアピール。

林さんは、すでに数話分を鑑賞したそうだが「僕はニノが大好きなんですが、実写でどうなっているかと思って見たら見たことのないヒロインがいた!」と桐谷さんを絶賛。笑顔の桐谷さんを見て慌てて言い訳するように「別に、何もないっすよ。ポイント稼ごうとかじゃなくて(笑)」と照れくさそうに語り会場の笑いを誘っていた。

ドラマ「荒川アンダー ザ ブリッジ」はTBSにて7月26日(火)より、MBSにて7月30日(土)より放送開始。その1週間前には「エピソード0」としてナビ番組も放送。映画『荒川アンダー ザ ブリッジ』は2012年2月、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top