山田孝之、監督に媚びを売る? 「また仕事がもらえるかも」と不敵な笑み

最新ニュース

LISMOドラマ「REPLAY & DESTROY」記者会見
  • LISMOドラマ「REPLAY & DESTROY」記者会見
  • LISMOドラマ「REPLAY & DESTROY」記者会見
  • LISMOドラマ「REPLAY & DESTROY」記者会見
  • LISMOドラマ「REPLAY & DESTROY」記者会見
携帯電話などでドラマを無料配信する「LISMOドラマ」の新作「REPLAY & DESTROY」の製作発表会見が10月28日(金)、都内で行われた。メガホンをとるのは、TVドラマ&映画『荒川アンダーザブリッジ』の飯塚健監督。そして出演するのは“荒川コンビ”の山田孝之と林遣都という、ファンならずとも要注目の作品になっている。

フリーターの横山(山田さん)、心理学を学ぶ大学院生の真野(林さん)、宅配業者で働く新田(阿部進之介さん)という仲良し3人組が悩める現代人のストレス解消に、あの手この手で奮闘する姿を描いた約5分間のショートドラマ(全4話)。飯塚監督は「なかなか説明するのが難しいが、とにかく役者さんがものすごい速度で会話しています(笑)。きっと会話がない瞬間がないくらい」と昨日撮り終えたばかりの本作を説明。山田さんは「まあ大変でした。5分の話なのに台詞が多くて、みなさんに台本を見せたいくらい。すっかり口が渇きました」。林さんも「特に昨日は一日中しゃべっていたので、いまもまだ放心状態です」と疲れが癒えていない様子だ。

山田×林×飯塚監督という『荒川アンダーザブリッジ』が生んだ名タッグは今回も健在で、「いろんな意味で運動神経が良くて、優れた俳優さん。台本には書かれていない部分もしっかり演技で埋めてくれるから、全てを任せられる」(飯塚監督)。林さんは「『荒川』の撮影がとにかく最高だったんですよ。今回、また孝之くんと一緒に(芝居が)できるということで良いことだらけ。もちろん楽しい撮影でした」と大満足だ。山田さんも「相変わらず飯塚監督はすごく面白い。この人に媚びを売っておけば、また仕事がもらえるかなって(笑)」と不敵な笑みを浮かべていた。

「REPLAY & DESTROY」は11月4日(金)より毎週金曜、「LISMOドラマ」にて無料配信。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top