家では怖いママ? メリル・ストリープ、ベルリン映画祭にて名誉金熊賞を授与

最新ニュース

第62回ベルリン国際映画祭にて名誉金熊賞を授与したメリル・ストリープ -(C)Andreas Rentz /Getty Images
  • 第62回ベルリン国際映画祭にて名誉金熊賞を授与したメリル・ストリープ -(C)Andreas Rentz /Getty Images
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』で英国初の女性首相、マーガレット・サッチャーを本人そっくりに演じ、第69回ゴールデン・グローブ賞に続き、先日発表された第65回英国アカデミー賞でも主演女優賞を獲得したメリル・ストリープ。銀幕デビューから30余年にわたり映画界の第一線に立つ彼女が、ドラマティックなものからコメディまで幅広い役をこなす類まれなる多才な女優であり映画界への貢献が非常に高いことを評され、現在開幕中の第62回ベルリン国際映画祭にて名誉金熊賞を授与した。

世界に多大な影響をもたらし、その強力なリーダーシップから“鉄の女”と呼ばれたサッチャー元英国首相の知られざる妻として、母として、そして一人の女性としての生き様が多くの女性の共感を呼ぶ本作。メリル自身も女優としてのみならず、4人の子供の母親としての顔も知られており、まさに女性にとっては憧れの存在。そんな彼女へのお祝いの挨拶にこの日駆けつけたのは、俳優のジェイク・ギレンホール。ジェイクはメリルの息子の同級生で、「13歳の頃、自宅で遊んでいたときはすごく怖いメリル・ママだった」と暴露し、会場を沸かせた。それを受けてメリルもジェイクと息子とのエピソードを披露し、母親としての一面をのぞかせた。

さらに、メリルは劇中のサッチャーのように人生をふり返り「これまでの人生を、これまで自分を支えてくれた人全てに感謝したい」と語り、本作の監督フィリダ・ロイドや共演のジム・ブロードベントにも感謝の言葉を送った。そして大歓声が沸く中、メリルはトロフィーを授与。興奮冷めやらぬ中、本作の上映会が幕を開けた。

主演女優賞のゆくえが注目される第84回アカデミー賞の結果発表(2月27日)ののち、本作を引っさげ3月上旬に来日を予定しているメリル。世界中の映画ファンを魅了し続ける彼女の快進撃はまだまだ続きそうだ。

『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』は3月16日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国にて公開。

© Andreas Rentz /Getty Images
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top