アンジー監督デビュー作がベルリン国際映画祭で上映 コンペ部門には元夫の新作も

最新ニュース

先月8日、『In the Land of Blood and Honey』のL.A.プレミアに出席したアンジェリーナ・ジョリー -(C)Photoshot/AFLO
  • 先月8日、『In the Land of Blood and Honey』のL.A.プレミアに出席したアンジェリーナ・ジョリー -(C)Photoshot/AFLO
2月9日から19日に開催される第62回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門出品作が新たに10本発表され、同時にアンジェリーナ・ジョリーの監督デビュー作が特別上映されることが明らかになった。

アンジェリーナの『In the Land of Blood and Honey』(原題)はベルリナーレ・スペシャルと銘打ち、ドイツ・プレミア上映となる。そして、コンペティション部門にアメリカとロシアの合作『Jayne Mansfield's Car』(原題)という作品が出品されるが、この作品の監督・主演はあのビリー・ボブ・ソーントン。アンジェリーナとは2000年から3年間結婚していて、彼女の長男・マドックスは短期間だが、ビリー・ボブと一緒に生活した時期もある。別離後は、互いについて話すことはほとんどなく、それぞれの道を歩んでいる2人が、監督同士として同じ映画祭に参加するというのも何やら不思議な縁を感じる。

ほかにはイタリアの名匠、パオロ&ヴィットリオ・タヴィアーニ兄弟の『Cesare deve morire』(原題)や、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』のレア・セドゥー主演のフランスとスイス合作映画『L'enfant d'en haut』(原題)などが出品される。

審査員長は『家族の庭』のマイク・リー監督、ジェイク・ギレンホールやシャルロット・ゲンズブール、『彼女が消えた浜辺』のアスガー・ファルハディ監督、フランソワ・オゾン監督らが審査員を務める。



© Photoshot/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top