最も胸きゅんした、思い出のディズニー映画 ダントツ1位は『美女と野獣』!

最新ニュース

「美女と野獣」 -(C) Disney
  • 「美女と野獣」 -(C) Disney
  • 「アラジン」 -(C) Disney
  • 「ディズニープリンセスBOX 2012」 -(C) Disney
  • 『ジョン・カーター』 -(C) Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 「塔の上のラプンツェル」 -(C) Disney
世界中の子供から大人まで、数えきれない夢と希望を届けてきたディズニー映画たち。ふり返れば、親に連れられて映画館で観た作品、大きくなってから恋人や友達と一緒に楽しんだ作品、思い出に残っている忘れられない一本がきっと誰にでもあるはず。シネマカフェでは、ウォルト・ディズニー生誕110周年記念作品『ジョン・カーター』の公開を記念して、「最も胸きゅんした、思い出のディズニー映画」をテーマに投票を実施! 圧倒的な投票数で『美女と野獣』が見事1位に輝いた。

弱冠23歳でハリウッドにスタジオを設立して以来、世界で最も有名なキャラクター、ミッキーマウスを誕生させ、アニメーション界の先駆者として数多くのファンタジー映画を送り出したウォルト・ディズニー。その飽くなき精神は、後継者たちによって100年近くに及ぶ歴史の中で引き継がれ、ワクワクするような冒険、胸キュンさせられるロマンスが時代ごとに映画ファンに愛されてきた。

そんな中で今回、見事1位に輝いた『美女と野獣』(上写真)は1991年に公開された作品。魔法により醜い野獣と化した王子と美しい娘・ベルの禁断の恋愛を描く、傑作ミュージカルである。世界中で大ヒットを記録し、アニメーション史上初のアカデミー作品賞にノミネートされるという快挙を果たした本作は、ブロードウェイでも長きにわたり愛されている。禁断の愛にうっとりするような音楽、様々な“胸きゅん”要素が詰まった本作の中で、女性読者たちの心に残っているのは、何と言っても野獣とベルのダンスシーン。「野獣の姿の王子様の心に惹かれて踊る姿と、最後に野獣が王子様の姿に戻るシーンにキュンキュンしました」(30代女性)、「ダンスシーンの美しさはいまだに目に浮かびます」(40代女性)、「最初は野獣が怖いと思っていましたが、だんだんと可愛く、愛おしく思えてきて最後には号泣でした」(20代女性)という声が多く寄せられた。

2位に輝いたのは、こちらも同時代に誕生したプリンセスストーリー『アラジン』('92/右上写真)。貧しくも健気に生きる青年・アラジンと王女・ジャスミンの「一途な純愛」を支持する声が多かった。本作も数々の名曲が観る者を楽しませてくれるが、最大のロマンティック・シーン、アラジンとジャスミンが魔法の絨毯で世界を回るシーンで流れる「ホール・ニュー・ワールド」は名曲中の名曲。「たった一曲の間にジャスミンが彼と恋に落ちるのが素敵すぎます!」(20代女性)という声も。また、幼いときに観て感動したという女性からも「大人になって観返してみると、人を思いやる心や葛藤などがリアルに表現されていて、また違った視点で観ている自分に会えました。『ホール・ニュー・ワールド』は結婚式のときに使用しました」(20代女性)と思い出の一曲になった人も多い様子。

最新のファンタジー作品で3位を獲得したのは、2010年に公開された『塔の上のラプンツェル』。CGアニメーション技術と手描きのような繊細な質感を巧みに織り交ぜた、画期的な映像美が目を引く作品であるが、多くの女性が共感を寄せたのが、外の世界を知らずに生きてきたヒロイン・ラプンツェルが外の世界へ飛び出し、初恋を経験していく姿。「恋をした女性が男性を守りたいという気持ちが表れていて良かったです」(20代女性)、「次第に打ち解け合っていくラプンツェルとフリン・ライダーの2人に胸きゅんでした」(20代女性)といった感想が寄せられた。

続く4位には、アニメーションと現実の世界を融合させた、ディズニー作品の中でも異色のファンタジー『魔法にかけられて』。現代のニューヨークで展開されるおとぎ話のようなストーリーに、羨望と共感を覚えた女性も多いはず。「おとぎ話と現実がシンクロしていって、最後のスーパー・ハッピーエンドに年甲斐もなくキュンとしてしまいました」(30代女性)という声が。そして5位には、ディズニー最初のプリンセスストーリー『白雪姫』('37)がランクイン。「初めて泣きました」(30代男性)という男性からの支持も。

そして2012年。大ヒット上映中の、ディズニーが満を持して贈る最新作『ジョン・カーター』(左上写真)にも、かつてない時空を超えた壮大な“胸きゅん”ロマンスが描かれている。愛する者を守り抜く戦士、ジョン・カーターと逞しく美しい王女・デジャーの恋愛模様には、プリンセス&王子様という構図だけにはおさまらない、現代の女性が共感できるポイントも満載だ。本作がこの“胸きゅん”ランキングにどう割り込んでくるのかにも期待したい。

さて、あなたの最も“胸きゅん”ディズニー映画は見つかった?

『ジョン・カーター』は3D/2D絶賛上映中。

「最も胸きゅんした、思い出のディズニー映画」ベスト10

1位:『美女と野獣』
2位:『アラジン』
3位:『塔の上のラプンツェル』
4位:『魔法にかけられて』
5位:『白雪姫』
6位:『パイレーツ・オブ・カリビアン』
7位:『トイ・ストーリー』
8位:『シンデレラ』
9位:『101匹わんちゃん』
10位:『ダンボ』

「塔の上のラプンツェル 3Dスーパー・セット」
価格:6,090円(税込)
発売中

「アラジン スペシャル・エディション」
価格:2,940円(税込)
発売中

「美女と野獣 3Dセット」
価格:4,935円(税込)
発売中 ※2012年6月30日(土)生産終了

「ディズニープリンセスBOX 2012」
価格:12,600円(税込)
発売中 ※2012年6月30日(土)生産終了

© Disney

特集:『ジョン・カーター』“胸きゅん”ポイント、徹底検証!
http://www.cinemacafe.net/ad/JC/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top