中山優馬、声優でハリウッドデビュー!『ジョン・カーター』ワールドプレミアに大興奮

最新ニュース

『ジョン・カーター』L.A.プレミアにて(左から)ウィレム・デフォー、テイラー・キッチュ
  • 『ジョン・カーター』L.A.プレミアにて(左から)ウィレム・デフォー、テイラー・キッチュ
ディズニー/ピクサーの傑作アニメ『ファインディング・ニモ』、『ウォーリー』で世界を沸かせたアンドリュー・スタントン監督が、初の実写映画に挑んだスペクタクル巨編『ジョン・カーター』のワールドプレミアが、2月22日(現地時間)、ロサンゼルスにて開催され、主演でいま絶大な注目を集めるテイラー・キッシュを始め、キャスト&監督が集結! さらに、本作の日本語吹替え版で声優に抜擢された俳優の中山優馬(NYC)さんが特別招待を受け、日本からレッドカーペットに駆けつけた。

プレミアが開催されたリーガルシネマズには280人のメディアが集結、1,000人を超えるファンが見守る中、テイラーを始め、プリンセス役のリン・コリンズ、ダリル・サバラ、ウィレム・デフォー、スタントン監督らが登場すると、期待と興奮の大歓声に沸いた。テイラーは「この作品には感情豊かで個性的なキャラクターがたくさん登場する。そんな中で普通の人間が特異な環境下に放り込まれるという設定が面白い。観たら絶対にバルスーム(劇中の舞台となる惑星)に行きたくなるよ!」と作品をアピール。昨年末、本作のプロモーションでフッテージ映像を引っさげ来日を果たしたが、「日本には絶対行きますのでぜひ、みなさんとこの感動を共有させてください!」と公開前の再来日を約束した。

本作がハリウッド実写映画での声優初挑戦となった中山さんは、テイラー演じるジョン・カーターの甥であり、作品の重要なカギを握ることとなるエドガー役に抜擢。テイラーや憧れのスタントン監督ら豪華面々と対面し、「とても光栄です。レッドカーペット自体が初めてなので、一歩一歩踏みしめて歩きました。憧れのアンドリュー・スタントン監督に会えたことも夢のようです」とコメント。大興奮の様子の中山さんについて、スタントン監督は「年齢的にもぴったりだし、冒険心あふれるエドガーの資質にピッタリだと思う。次回作は未定だけど、ぜひ出演を検討させてほしい。あとで連絡先を交換しようね(笑)!」と大絶賛。中山さんは今年の春から晴れて大学生となるが、「本作の続編が決定したら、絶対出演したいです。でもその前に勉強しなくてはならないことがたくさんあると思います。そのときのためにも英語は勉強しておきたいです」と堅実な意気込みを語った。

『ジョン・カーター』は4月13日(金)より3D・2D公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top