ブレイク必至の次世代スター、テイラー・キッチュ来日!

最新ニュース

『ジョン・カーター』テイラー・キッチュ来日ティーチ・イン・イベント
  • 『ジョン・カーター』テイラー・キッチュ来日ティーチ・イン・イベント
  • 『ジョン・カーター』テイラー・キッチュ来日ティーチ・イン・イベント
  • 『ジョン・カーター』テイラー・キッチュ来日ティーチ・イン・イベント
  • 『ジョン・カーター』テイラー・キッチュ来日ティーチ・イン・イベント
  • 『ジョン・カーター』テイラー・キッチュ来日ティーチ・イン・イベント
  • 『ジョン・カーター』テイラー・キッチュ来日ティーチ・イン・イベント
  • 『ジョン・カーター』テイラー・キッチュ来日ティーチ・イン・イベント
ハリウッドの次世代スターとして注目を集めるテイラー・キッチュが現在、ポストプロダクション中で来年4月に公開となる主演作『ジョン・カーター』の一部映像を携えて来日。12月12日(月)、報道陣向けのフッテージ上映会が行われ、プロデューサーのジム・モリスと共に質疑応答に応じた。

『スター・ウォーズ』『アバタ—』といった数々の名作に多大な影響を与えてきたエドガー・ライス・バローズの小説「火星のプリンセス」を『ファインディング・ニモ』などのピクサー作品に携わってきたアンドリュー・スタントン監督がメガホンを取って実写映画化した本作。南北戦争で愛する家族を守れずに心に傷を負った主人公ジョン・カーターが予期せぬ不思議な現象で未知の惑星“バルスーム”に迷い込み、そこに暮らす民と心を通わせ、彼らを滅亡の危機から救うべく戦う姿が描かれる。この日は5つのシーンと初公開となる日本版の予告編映像が公開され、プロデューサーのモリス氏が解説を加えた。

テイラーはカナダ出身の30歳。TVシリーズの「Friday Night Lights」で注目を集め、映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』のガンビット役でも存在感を示した。本作に加え、浅野忠信が出演していることでも話題の『バトルシップ』(ポストプロダクション中)でも主演を務めており、今後のハリウッドを担う存在として日本でも人気に火がつくこと必至の注目株だ。

モリス氏は彼の起用について「甘いマスクはもちろん、彼の瞳に“何か”を感じたんだ。心に傷を負った男の内面を演じられると思ったよ」と説明。「実際に演じているのを見て素晴らしいと思ったのは、カーターの感情やニュアンスを微妙な表情で表現してくれたところだね。彼の葛藤や何を考えているのか? というのをしっかりと分かる演技をしてくれた」と称賛を贈った。

テイラーはこのアドベンチャー大作の主役に抜擢されたことについて「すごいプレッシャーだったよ。でも、こんな素晴らしい大作で仕事を与えてもらえるというのは本当に稀なチャンスだ。アンドリュー・スタントン監督と初めて会ったときから『絶対にこの人と仕事がしたい』って強く思ったし、そのために出来る限りの準備をした。ダメだったら仕方がないと思えるくらい、やれることは全てやったうえでオーディションに臨んだよ。それで幸運なことにこうしてみなさんの前に立つことが出来ているんだ」と笑顔で明かした。

戦争で守るべき大切な存在を失った男を演じるうえで「そういう思いを理解できるよう、過去に戦争に赴いた兵士たちが家族や愛する人に宛てて書いた手紙を読んだりした」と役作りについて語るテイラー。加えて6か月に及ぶ食事制限を自らに課して肉体を作り上げ、7か月もの撮影では激しいアクションもほとんどスタントなしで自らこなした。特に、巨大な“白猿”のモンスターとの戦闘シーンに触れ「5〜6日の間ずっと打ちのめされてたんだ(苦笑)。その後、スピーチのシーンもあって大変だったよ」とふり返った。

「こんな素晴らしい役をもらったことは名誉なことだし、素晴らしい体験だったよ」と笑顔を見せたキッチュは、「僕も完成した作品を観るのが楽しみだよ」と完成が待ちきれない様子だった。

『ジョン・カーター』は2012年4月13日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top