リメイク版『ジュマンジ』、新たな脚本家が参加し企画前進!

最新ニュース

ロビン・ウィリアムズ
  • ロビン・ウィリアムズ
『主人公は僕だった』のザック・ヘルムが、コロンビア・ピクチャーズが手掛ける『ジュマンジ』のリメイク作の脚本家に起用された。1981年に出版されたクリス・ヴァン・オールズバーグ原作の『ジュマンジ』は、1995年にジョー・ジョンストンによって映画化され、ロビン・ウィリアムズとキルスティン・ダンストが出演している。

新リメイク作では、マシュー・トルマックとウィリアム・ティートラー がプロデューサーを、さらにテッド・フィールドとマイク・ウェバーが製作総指揮を務める予定だ。

1995年のオリジナル作は、子供2人がジャングルをテーマにしたボードゲームで遊んでいると本物の動物たちが出現し、26年もの間そのゲームの中に閉じ込められてしまっていた男を助けることになるという家族向けのコメディ・アドベンチャー作品だ。2005年にはジョン・ファヴロー監督が続編となる『ザスーラ』を手掛けている。

今夏には、ソニーが「現代版」として『ジュマンジ』のリメイク作に取り掛かると発表していた。

ザックは『マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋』で監督デビューも果たしており、来年12月25日(現地時間)公開予定のベン・スティラー主演コメディー作『虹を掴む男』のリライトを手掛けたばかりだ。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top