『ヘルタースケルター』北米プレミアに蜷川実花が出席「3年後に戻ってきます」と宣言

最新ニュース

『ヘルタースケルター』北米プレミア@LA EIGA FILM FES(左から、桃井かおり&蜷川実花監督)
  • 『ヘルタースケルター』北米プレミア@LA EIGA FILM FES(左から、桃井かおり&蜷川実花監督)
  • 『ヘルタースケルター』北米プレミア@LA EIGA FILM FES(左から、桃井かおり&蜷川実花監督)
沢尻エリカの5年ぶりのスクリーン復帰作として、今年話題をさらった映画『ヘルタースケルター』が、アメリカ・ロサンゼルスで開催された「LA EIGA FILM FES」で、北米プレミアとして公式上映され、本作の監督を務めた蜷川実花とキャストのひとりでもある桃井かおりが出席し、現地ファンから大喝采に応えた。

原作は人気漫画家・岡崎京子の伝説的コミック。全身整形により、ほとんど全てが作り物の肉体による“美”を手に入れ、トップスターに上り詰めたりりこ(沢尻さん)が、欲望渦巻く芸能界を疾走するさまを描き出す本作。沢尻さんを筆頭に大森南朋、寺島しのぶ、綾野剛、水原希子、窪塚洋介など豪華キャストが蜷川監督の下に集結した。

今年で90周年を迎えるハリウッドを象徴する劇場ハエジプシャン・シアターで、12月14日(現地時間)に行われたレッドカーペット、その翌日15日(現地時間)に行われた舞台挨拶ともに出席した蜷川監督と桃井さんは、現地メディアとファンからの歓迎に終始ご機嫌。現地のマスコミから「若いころは“りりこ”だったんですよね?」とツッコミを入れられた蜷川監督は、「そうよ。昔はりりこだったの、私(笑)」と笑いで返し客席を沸かせるほど。

さらに、蜷川監督は「桃井さんにはオファーさせていただいた際、『私、あなたを助けるわ』と言ってくださって、その後のいろんなことがスムーズに動いて本当に感謝しています」と桃井さんとの知られざるエピソードも明かした。それを聞いた桃井さんは「日本には女性の映画監督がいないの。みんなイジメないで育ててね(笑)」とハリウッドでもそのスタンスは変わらないようだ。

また原作選びについて、蜷川監督は「原作は時代を先取っていて、90年代には特別で特殊なスターの物語であったが、2010年代にはtwitterやfacebook、ブログの登場によって、普通の人が“発信する側”になったことで、誰にでもありえる状況を描いた映画になったと思っています」と本作に込めた思いを語った。

最後に、次回作の予定を聞かれた蜷川監督は「映画は私にとってセルフポートレートのようなものなので、本当にやりたいものを見つけるのに時間がかかります…でも、3年後にはハリウッドに戻ってきます!」と更なる創作活動に対する意気込みを明かした。

『ヘルタースケルター』DVD&ブルーレイは、12月21日(金)よりレンタル開始。

© 2012 映画『ヘルタースケルター』製作委員会
© 岡崎京子/祥伝社.
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top