“年末年始オススメ映画”5選 カップル~家族連れまで楽しめるのはコレ!

最新ニュース

『REDリターンズ』-(C) 2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 『REDリターンズ』-(C) 2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 『REDリターンズ』-(C) 2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 『ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE』 -(C) 2013 モンキー・パンチ 青山剛昌/「ルパン三世vs名探偵コナン」製作委員会
  • 『ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE』アフレコ収録
  • 『ゼロ・グラビティ』 (c) 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
  • 『ゼロ・グラビティ』-(C) 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
  • 『ゼロ・グラビティ』-(C) 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
  • 仲里依紗(サクラ役)/『プレーンズ』 -(C) 2013 Disney
今年は“9連休”という、大型の連休となる年末年始。カップルはディズニーランドにいったり、家族連れなら帰省に、旅行に、初詣にとイベントは盛りだくさんだろう。それでも9連休…まだまだ時間はたっぷりある。そこでシネマカフェでは、カップル~家族連れまで楽しめる年末年始のオススメ映画5本をピックアップ!

まずは王道の“アクション映画”から。ブルース・ウィリス、アンソニー・ホプキンスにヘレン・ミレン、さらには韓流スターのイ・ビョンホンまで贅を尽くしたキャスティングで話題のアクション・ムービー『REDリターンズ』(公開中)。

RED=“R”etired(引退した)、“E”xtremely(超)、“D”angerous(危険人物)と呼ばれる伝説のスパイたちが世界滅亡の危機を救うというストーリー設定はそのままに、パリ、ロンドン、モスクワを舞台に、前作よりさらにスケールアップした壮絶アクションを魅せる本作。ブルースの“ボヤキ節”にクスリとしながら、名だたる俳優たちの魅せるクールなアクションに痺れること必至だ。

次に紹介するのは、アクションに加え、高度な頭脳戦が展開するアニメーション作品『ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE』(公開中)。「名探偵コナン」と「ルパン三世」という日本の国民的な“探偵”と“泥棒”が、世界にたった一つしか存在しない幻の秘宝“チェリーサファイア”を巡って世紀の対決を繰り広げる本作は、子ども~大人、さらにはカップルも楽しめ、誰と観ても大丈夫という貴重な1本だ。

3本目にご紹介するのは、来年の賞レースにも期待がかかる『ゼロ・グラビティ』(公開中)。物語の舞台は深淵なる宇宙だが…劇中登場するのは、サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーの2だけ。

ストーリーも、宇宙で遭難してしまったサンドラ扮するライアンが“地球に無事帰還できるのか!?”という超シンプルなストーリーながら、その裏側に隠された本作のテーマである“生命”や“進化”を象徴するような映像美に思わず感動してしまうはず。さらに、凄まじい手間と時間をかけて作り上げた映像は、観るというよりも“体験”という言葉が相応しく、そのクオリティは1,800円でも安い!

4本目は、『カーズ』の世界観を大空に舞台を移したディズニー・アニメーション『プレーンズ』(公開中)。主人公となるのは、農薬散布機でしかも高所恐怖症の飛行機・ダスティ。世界一周を巡るエア・レースで優勝したいという夢をもつ彼が、仲間たちに支えられ、ライバルと大空を懸命に滑空する勇姿を描く。

注目は、本作で吹替え声優に初挑戦した瑛太を始め、ヒロイン・サクラ役に仲里依紗、空の相棒エル・チュパカブラ役に“ミュージカル界のプリンス”こと井上芳雄ら豪華な俳優陣の“声”。特に、瑛太さんのダスティは言われるまでは「プロの人…?」と思ってしまう演技達者ぶりが存分に発揮されているので、お見逃しなく。

最後は、全米の興行収入ランキングを書き換えてしまいそうな勢いでヒットを飛ばしている『ハンガー・ゲーム2』(公開中)。主演を務めたジェニファー・ローレンスのアタリ役となったカットニス。前作での栄光も束の間…再び強大な罠がひしめくデス・ゲームに立ち向かっていく姿を描く本作。

人気ロックバンド「コールドプレイ」が、初めて映画の為に書き下ろしたという楽曲「ATLAS」が使用されているなど、海外ではティーンを中心に絶大な人気を誇る本シリーズ。家族連れよりも、カップルにオススメしたい1本だ。

さて、あなたはどの作品で9連休を過ごすだろうか?
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top