イギリスに新しい映画賞が誕生、『ハリー・ポッター』シリーズなどが受賞

イギリスの民放テレビ局ITVが主催する第1回ナショナル・ムービー・アワードが28日にロンドンのロイヤル・フェスティバル・ホールで開催され、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』が最優秀ファミリー映画賞、同作に出演しているダニエル・ラドクリフとエマ・ワトソンがそれぞれ最優秀男優賞、同女優賞を受賞した。

最新ニュース ゴシップ
ナショナル・ムービー・アワードに出席した(左から)エヴァナ・リンチ、ボニー・ライト、マシュー・ルイス、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ダニエル・ラドクリフ -(C) Getty Images/AFLO
  • ナショナル・ムービー・アワードに出席した(左から)エヴァナ・リンチ、ボニー・ライト、マシュー・ルイス、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ダニエル・ラドクリフ -(C) Getty Images/AFLO
イギリスの民放テレビ局ITVが主催する第1回ナショナル・ムービー・アワードが28日にロンドンのロイヤル・フェスティバル・ホールで開催され、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』が最優秀ファミリー映画賞、同作に出演しているダニエル・ラドクリフとエマ・ワトソンがそれぞれ最優秀男優賞、同女優賞を受賞した。

大御所のジュディ・デンチや大人気のキーラ・ナイトレイ、キルステン・ダンスト、エヴァ・グリーンを抑えて受賞したエマは「全然予想もしてなかった。夢にも思わなかったわ。とても驚いているし、本当にうれしい」と喜びを語った。

この賞は、インターネットや電話、イギリス国内の映画館に配布された用紙による一般投票で決定するもので、授賞式にはヘレン・ミレンやミーシャ・バートン、クリスチャン・スレイター、ジェイミー・フォックスら、ハリウッド・セレブも出席した。



ナショナル・ムービー・アワードに出席した、『ハリー・ポッター』チーム。左から、エヴァナ・リンチ、ボニー・ライト、マシュー・ルイス、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ダニエル・ラドクリフ。

© Getty Images/AFLO
《冨永由紀》
冨永由紀

好きな場所は映画館 冨永由紀

東京都生まれ。幼稚園の頃に映画館で「ロバと王女」やバスター・キートンを見て、映画が好きになり、学生時代に映画祭で通訳アルバイトをきっかけに映画雑誌編集部に入り、その後フリーランスでライター業に。雑誌やウェブ媒体で作品紹介、インタビュー、コラムを執筆。/ 執筆協力「日本映画作品大事典」三省堂 など。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top