※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

ベン&ケイシー・アフレック兄弟がハリウッド映画祭でそろって受賞!

ベン・アフレックと弟のケイシー・アフレックが22日、第11回ハリウッド映画祭でそろってブレイクスルー賞を受賞した。

最新ニュース ゴシップ
注目記事
ハリウッド映画祭に出席したアフレック兄弟 -(C) Getty Images/AFLO
  • ハリウッド映画祭に出席したアフレック兄弟 -(C) Getty Images/AFLO
ベン・アフレックと弟のケイシー・アフレックが22日、第11回ハリウッド映画祭でそろってブレイクスルー賞を受賞した。

ベンは長編監督デビュー作『Gone Baby Gone』(原題)でブレイクスルー監督賞を、同作で誘拐された幼女を捜す私立探偵を演じたケイシーは、ブラッド・ピットと共演した『アサシネーション・オブ・ジェシー・ジェームズ・バイ・カワード・ロバート・フォード』(原題)と併せてブレイクスルー俳優賞を受賞した。

ちなみに最多受賞作は日本で現在公開中の『ヘアスプレー』。助演男優賞(ジョン・トラヴォルタ)、プロデューサー賞、アンサンブル・ミュージカル・コメディ賞に輝いた。その他にはジェニファー・コネリーが助演女優賞、リチャード・ギアが“今年のハリウッド俳優賞”、同監督賞をマーク・フォスターが受賞した。

ハリウッド映画祭のバックステージでのアフレック兄弟。左が弟のケイシー、右が兄・ベン。

© Getty Images/AFLO
《冨永由紀》

好きな場所は映画館 冨永由紀

東京都生まれ。幼稚園の頃に映画館で「ロバと王女」やバスター・キートンを見て、映画が好きになり、学生時代に映画祭で通訳アルバイトをきっかけに映画雑誌編集部に入り、その後フリーランスでライター業に。雑誌やウェブ媒体で作品紹介、インタビュー、コラムを執筆。/ 執筆協力「日本映画作品大事典」三省堂 など。

+ 続きを読む

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top