どちらが本命? 両手に計110歳の小泉今日子「両方お相手できる女になりたい!」

最新ニュース

『やじきた道中 てれすこ』完成披露。左から平山秀幸監督、間寛平、柄本明、中村勘三郎、小泉今日子、笹野高史、松重豊、山本浩司
  • 『やじきた道中 てれすこ』完成披露。左から平山秀幸監督、間寛平、柄本明、中村勘三郎、小泉今日子、笹野高史、松重豊、山本浩司
  • 46年振りとなる映画主演の中村勘三郎
  • 紅一点、会場をわかせた小泉今日子
おなじみ弥次さん喜多さんコンビと品川の遊郭を足抜けした花魁が東海道を珍道中。“平成版東海道中膝栗毛”『やじきた道中 てれすこ』。11月10日(土)に迫った公開初日を前に、本作の完成披露試写会が開催され、上映前の舞台挨拶に主演の中村勘三郎、柄本明、小泉今日子に間寛平、松重豊、山本浩司、笹野高史、そして平山秀幸監督が登壇した。会場前にはレッドカーペットが敷かれ、キャスト陣はリムジンならぬ籠に乗って登場。江戸情緒たっぷり…と思いきや一同、服装はタキシード。何とも粋な演出に沿道からは大きな歓声が上がった。

弥次さん役で46年ぶりの映画主演となった勘三郎さん。客観的に見て自分の演技はどうだったか? と問われると「いやぁ、ダメですねぇ」と嘆息。では映画全体は? との問いにはあっさりと「良いんじゃないですかね」。謙虚というか、何ともとぼけた回答ぶりに客席からは笑いが漏れた。「友人の大竹しのぶがこれを観て『私もみんなと旅をしたい!』と言ってくれまして嬉しかったですね。みなさんも僕らと一緒に旅をして、温泉につかったような気分で楽しんでいただけたらと思います」と観客に語りかけた。

相棒の喜多さんに扮した柄本さんは撮影時に腰の手術と熱のせいで2度の入退院を繰り返したとか。「1度目の退院直後は首吊りのシーン、2度目の退院の直後には酒乱のシーンの撮影を行いまして(笑)。そのシーンは笑っていただけると思いますよ」と見どころを語ってくれた。そして「平さん(平山監督)の作品は、現代の速度よりもどこかゆっくりで、そんなところを楽しんでいただければと思います。それからみなさん、ここに来た以上は最低10人には『おもしろかった』と吹聴してください」と呼びかけた。

3人の道中に立ちふさがる(?)、面々も個性豊か。笹野さんは「私は今日は(劇中で3人の前に現れる)タヌキの代理で来ております。私自身も出てはいるんですが、ちょっとわからないかもしれません(笑)。お茶漬けのような映画ですのでよく味わってご覧下さい」としみじみと語る。

江戸時代でもやはり(?)地廻りのやくざ役の松重さん。「平山監督とは『しゃべれども しゃべれども』に続いてということで、年に2回もこのような場に立たせていただき幸せです」と役はやくざなのに低姿勢のコメント。その松重さんと地廻りやくざコンビを組む山本さんは俳優陣の一番端に立っており「明日載る集合写真が僕の手前で切れてないことを祈ります」と語り会場の笑いを誘う。

そして奉行役の寛平さんが開口一番「“てれすこ”って何なのか未だにわかんないんですが、まぁ自分なりに想像するに『アメマ』かと」と寛平節を炸裂させ、場内は爆笑。この調子で奉行役を演じているのかと思いきや「奉行で登場していきなり『あへあへうひはー』とやろうかと思ったんですが怒られまして…(笑)。映画の中では真面目にやってます」とのこと。

弥次・喜多と道中を共にする花魁・お喜乃役の小泉さんは撮影を「楽しかった」とふり返り、「勘三郎さんは弥次さんで、柄本さんは喜多さんそのものでした。現場で一緒にいると、役から離れた3人でもあり、同時に役の中の3人でもあり不思議な気分でした」と語る。では添い遂げるなら勘三郎さん? それとも柄本さん? という問いには「お2人ともお相手できるような大きな女になりたいです」と大人の回答で会場の喝采を浴びた。

この個性派の俳優陣をまとめ上げた平山監督は「これだけのメンバーに出ていただいて、撮影現場はお祭りでした。“てれすこ”とは何なのか? 映画を観た人それぞれの中に生まれる正体不明の気持ちとでも言いましょうか。とにかく難しいことは考えずに、お祭りを楽しんでいただきたいと思います」と語った。監督によると「7〜8年前に下北沢の居酒屋で勘三郎さんと柄本さんと飲みながら構想を語った」という『やじきた道中 てれすこ』。いよいよ11月10日(土)より丸の内ピカデリー2ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top