クドカン×りょう『クワイエットルーム』爆笑トークショー その衝撃の出会いを明かす

最新ニュース

『クワイエットルームにようこそ』トークショーにて(右:宮藤さん、左:りょうさん)
  • 『クワイエットルームにようこそ』トークショーにて(右:宮藤さん、左:りょうさん)
  • 『クワイエットルームにようこそ』トークショーにて りょう
  • 『クワイエットルームにようこそ』トークショーにて 宮藤官九郎
仕事に恋愛に悩み、「面白い人生」と「面白くない人生」に葛藤する。日常で誰しもがぶつかる問題に奮闘する女性の心の揺れを、コミカルかつ真正面から描いた『クワイエットルームにようこそ』。先日の松尾スズキ監督と日暮愛葉のトークショーに引き続き、シネマライズにて11月29日(木)の最終上映後に、主人公・明日香の恋人、鉄雄役の宮藤官九郎と、冷酷なナース・江口役で“どエス”ぶりを見せたりょうによるトークショーが開催された。

ほぼ満席の客席を前にして「あ、えー…てっちゃんをやりました宮藤です。いかがでしたでしょうか?」と緊張ぎみの宮藤さん。本作で演じた鉄雄は、宮藤さんと同じ脚本家ということで共感する部分もあったにちがいないが、その役作りでは監督から、特に目に見える芝居への細かい注文があったそう。「煙草を吸おうとしたら火がブワッとついて、貧乏ゆすりしながら咳もして、と全部先に言われて。同時にいろんなことを出来ないので、なかなか難しかったですね」。お隣のりょうさんとは旧来からの友達のような一体感を見せるが、撮影現場での初顔合わせは「僕がお尻を出してるシーン」という何とも衝撃的なシーン。実は宮藤さん、このシーンに向けて相当下準備をしたそうで「そこまでキレイにしなくてもいいだろ! というくらいに(お尻を)キレイにしました(笑)」と告白。それには、りょうさん「顔よりお尻が先に…。でも、ものすごくキレイでしたよ!」と絶賛した。そんな初対面ではその後の関係がぎくしゃくしそうなものだが…「だいたいお尻のきれいな人はいい人ですからね」とりょうさんがキッパリ。

劇中、鉄雄が手がける番組で罰ゲームを受ける羽目になるが、ここで観客席からその中で一番辛かったものは? との質問が。それには宮藤さん、堰を切ったがごとく「マスクを被って拉致されるシーンでは、なぜか松尾さんが沢山のスタッフを前に『遠慮しないで本気でやれよ』と言ってて。僕もガンガン来るのかなと思ってたんですけど、カメラに映らないところで誰かがオレの足を踏んでたみたいで、知らない間に足の小指から血が出てたんですよね。一生懸命やれってそういうことじゃないよ! って」と語ると、会場は爆笑の渦に巻き込まれた。

一方、ステンレスの心臓を持つナース・江口を演じたりょうさんは、そのキャラクターゆえに苦労した点もあったようだ。鉄雄の手下・コモノ役の妻夫木聡を見て「『うわー、妻夫木くん眉毛繋がってる!」って思っても、すごい笑いたいのに笑えないんですもん。セットの中に入ってから気づいたので、ツボに入っちゃって、背中越しで撮影しているときに、必死に肩で笑わないように気をつけながら一人で笑ってました」とか。そんなりょうさんが「大好きで気になってしょうがなくて、ずーっと観察してました」と語るのが、患者役の一人、ハリセンボンの箕輪はるか。そこにまたも宮藤さんが食いついたのが、箕輪さんの劇中での鼻水姿について。「あの鼻水どうやって作ったんですかね?」と興味津々。実はこの鼻水、CGで描かれているそうで、これには「鼻水を描くCGもあるんですか!? 作った人も鼻水描くために勉強してるわけじゃないでしょう。『タイタニック』とかやりたかったでしょうに…」と仰天した様子を見せた。

共演シーンがワンシーンだけとは信じられないほど、息の合った掛け合いを見せてくれた2人。次から次へと爆笑エピソードが飛び出し、最後まで笑いの絶えないトークショーとなった。宮藤さんが見せた体当たりの演技と、りょうさんの冷徹ぶりにもご注目の『クワイエットルームにようこそ』はシネマライズほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top