「本番前に殴るので、これが宝塚かあって(笑)」『茶々』和央ようかが暴露される!?

最新ニュース

『茶々 天涯の貴妃(おんな)』初日舞台挨拶にて(後列左から)中村獅童、橋本監督、渡部篤郎、(前列左から)高島礼子、寺島しのぶ、和央ようか、富田靖子
  • 『茶々 天涯の貴妃(おんな)』初日舞台挨拶にて(後列左から)中村獅童、橋本監督、渡部篤郎、(前列左から)高島礼子、寺島しのぶ、和央ようか、富田靖子
  • 『茶々 天涯の貴妃(おんな)』初日舞台挨拶 和央ようか
  • 『茶々 天涯の貴妃(おんな)』初日舞台挨拶 渡部篤郎
織田信長の妹・お市の長女として生まれた茶々。豊臣秀吉の側室となり、徳川家康と天下を賭ける戦いを繰り広げた彼女の人生を描いた『茶々 天涯の貴妃(おんな)』。元・宝塚宙組のトップスター、和央ようかの初の女性役、そして映画デビュー作としても話題の本作が12月22日(土)に初日を迎え、和央さんほか、寺島しのぶ、富田靖子、高島礼子、中村獅童、渡部篤郎、そして橋本一監督が舞台挨拶を行った。

MCの呼びかけで全員が登壇すると、会場は割れんばかりの拍手と黄色い声援で出迎えた。これには和央さんもビックリした様子。「映画初出演だったんですけれども、本当に素晴らしい共演者の方々と温かいスタッフに支えられて、精一杯、茶々役をやらせていただきました」と挨拶した和央さん。舞台と映画の違いを聞かれると「大変だったことは、何が大変かが分かっていない大変さ(笑)。舞台と何が違うとか、そんなことも考えられずに、とにかく精一杯」茶々役に挑んだそうだ。

茶々を含む浅井三姉妹の次女・初を演じた富田さんは、映画の語り部でもある。「ナレーションのときは淡々と読むことが多かったんですが、監督から“もっと感情的に”っていうリクエストが多くて、ひとりブースの中で身体を使いながらナレーションを読みました。こういう形は初めてでした」と、これまでとは違ったナレーションで少々苦労したそう。

そして、茶々と愛憎半ばに翻弄される三女・小督(おごう)役の寺島さんは「これまでは強い役や難しい役、あまり普通じゃない役が多かったんですが、小督は意外に普通でした」と笑った。「最後に茶々にたたかれるシーンなんですが、和央さんがいきなり、(和央さんに)あの方はマネージャーさんですか? その方に『ちょっと来て』と言って、いきなりバシッて殴るんです。ああ、これが宝塚かあって(笑)。…冗談ですけど、でも大きい手だなと思いながら噛みしめました」と、クライマックスシーンでのエピソードを披露。これに慌てた和央さんの「舞台では本当に殴ったことがないんです。でも『本番は殴ってください』って言われて、緊張してどうしたらいいのか分からなくて、いつも近くにいる方に『練習させて』と、バシッと一発やってから…って、(寺島さんに)言わないでくださいよー!(笑)」というコメントに会場は笑いに包まれた。

豊臣のために生き、豊臣と共に死んでいった大蔵卿の局を演じた高島さんは、登壇した時の歓声にとにかく驚いたらしく、「女性が主役なのに、いわゆる“きゃー”という黄色い声援を聞いてびっくりしました」と挨拶。大蔵卿の局は炎上していく城の中で果てるのだが、そのシーンの撮影について聞かれ、「かなり近いところに炎が出ていたんですけど、私は死んでいただけなんです(笑)。そこを和央さんが通っていくんですけど、スタートしてから、いつまでもカットがかからなくて。“ちょっと待って、和央さん、どこまで炎に近づいちゃったのかしら?”と気にしながら死んでました(笑)」と、これまた和央さんのおもしろエピソードが飛び出した。

そして茶々の生家・浅井家を滅亡に追いやりながらも、茶々を深く愛した豊臣秀吉を演じた渡部さん。「何となくいい年になってきてるんで(笑)、謙虚にやらせていただきました」とコメント。脚本を読んだときに、自身が出演するシーンではなく、茶々が大阪城で一人、燃える大坂を眺めるシーンが印象的に思い浮かんで、この映画への出演を決めたそうだ。「僕、途中でいなくなっちゃうんですけど、その後にも『太閤』とか名前がたくさん出てくるので、いかに、そのイメージをちゃんと残すことができるか、みなさんに残るように心がけました」と語ってくれた。

茶々を恐れた天下人、徳川家康役の中村さんは、以前から和央さんとは交流があるそうだ。今回の共演について、「和央さん、ため息がもれるくらいステキですから。僕はその時じいさんの格好でしたが(笑)、和央さんが颯爽と馬に乗られている姿を観て、ため息をもらしながら、ステキだな、なんて思ってたんだ!(笑)」と思わず告白(笑)。

この豪華絢爛な戦国絵巻のメガホンを握った橋本監督。「素晴らしいキャスト、素晴らしいスタッフに支えられて今日の日を迎えることができました。この場を借りてお礼を言いたいと思います。ありがとうございます」と感激のコメント。「この映画をきっかけにと言うとおこがましいですが、もっと時代劇が盛り上がっていくよう、心から願っております」と語ってくれた。

最後は、和央さんのかけ声で一本締め。観客からの歓声で終始にぎやかだった舞台挨拶が幕を閉じた。『茶々 天涯の貴妃(おんな)』は全国東映系にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top