和央ようか「幸せを感じながら現場にいた」『茶々 天涯の貴妃』ついに完成披露

戦国の世を凛とした強さと美しさを持って駆け抜けた茶々。彼女の激動の生涯を描いた『茶々 天涯の貴妃(おんな)』の完成披露試写会が12月13日(木)に行われた。上映前の舞台挨拶に主演の和央ようかと橋本一監督が登壇。シネマカフェで展開中の特集「CHACHA美人入門」で読者モデルを務める「CHACHA美人」4人から和央さん、橋本監督への花束の贈呈が行われるなど会場は大きな盛り上がりを見せた。

最新ニュース レポート
『茶々 天涯の貴妃(おんな)』完成披露試写会。主演の和央ようかと橋本一に“CHACHA美人”の4人から花束が渡された。
  • 『茶々 天涯の貴妃(おんな)』完成披露試写会。主演の和央ようかと橋本一に“CHACHA美人”の4人から花束が渡された。
  • この日は赤い着物姿で登場した和央ようか
  • “茶々犬”と一緒同じポーズで写真に収まる和央ようか
戦国の世を凛とした強さと美しさを持って駆け抜けた茶々。彼女の激動の生涯を描いた『茶々 天涯の貴妃(おんな)』の完成披露試写会が12月13日(木)に行われた。上映前の舞台挨拶に主演の和央ようかと橋本一監督が登壇。シネマカフェで展開中の特集「CHACHA美人入門」で読者モデルを務める「CHACHA美人」4人から和央さん、橋本監督への花束の贈呈が行われるなど会場は大きな盛り上がりを見せた。

客席後ろから赤い着物姿の和央さんが登場すると客席からは大きな歓声がわき起こった。和央さんは「心を込めて演じさせていただいたこの作品が、初めてみなさんに観ていただけるということに誰よりも緊張しています」と挨拶。すでに完成した作品を観たという和央さんだが「多くの人の愛を感じながら撮影に臨んでいた日々を思い出して、冷静に観ることができなかったです。これからもう一度じっくり観ようと思います」と笑顔で語った。現場の様子について訊かれると「スタッフのみなさんが本当にかっこよくて『この方たちに支えていただいてお仕事ができるって幸せだなぁ』と思いながら現場にいました」とふり返った。監督によると和央さんはいつも現場で「私を起用して後悔してるでしょ?」、「もう二度と私と仕事したくないでしょ?」と監督に言っていたとか。監督が「この場を借りて言わせてもらいますが、全くそんなこと思ってません。和央さんで良かったと心から思ってます!」と言うと会場からは大きな拍手が。和央さんは「良かったぁ…。この場で『あなたとは二度と…』って言われたらどうしようかと思いました」と笑顔を見せた。

和央さんにとって女性役を演じるのは初めてだったが、橋本監督は「実際に始めてみると本当に女性らしい方でした。逆にこれまで培ってこられた雄々しい部分も随所に見せてくれまして、僕は現場でしびれました」と語った。そして話題を呼んだ本作のポスターについて触れ「日本であのかっこよさを出せるのは、僕が知る限り和央さんだけ」と称賛した。

続いて行われた花束の贈呈では、シネマカフェで展開中の特集「CHACHA美人入門」で、茶々のように強く美しい女性を目指す“CHACHA美人”として華道やテーブルマナー講座を受講している4名の女性がプレゼンターを務めた。さらに、癒しキャラとして人気の“お茶犬”とのコラボレーションで誕生し、和央さん自らがプロデュースに参加した本作の応援隊長“茶々犬”も登場し会場をわかせた。最後に和央さんは「これまで、男性用の衣裳しか着たことがなかったのですが、今回演じた茶々の衣裳は本当に重かったです。ですがその重みに幸せを感じていました。2か月間、茶々を演じましたが最高のスタッフ・共演者の方々とご一緒できて本当に嬉しく思っております。観ていただいたみなさんがこの作品から何かを感じていただければ、と思います」と語り、舞台挨拶を締めくくった。『茶々 天涯の貴妃(おんな)』は12月22日(土)より全国東映系にて公開。

「CHACHA美人入門」特集
http://blog.cinemacafe.net/chacha/
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top