【ゆうばり映画祭】「また来年も開催したい!」ゆうばり映画祭クロージング

5日間にわたる映画祭も、いよいよクロージング。高橋はるみ北海道知事も駆けつけたセレモニーでは、応募総数256本の頂点に立つ、オフシアター・コンペティション部門グランプリが発表された。

最新ニュース
夕張映画祭、今年のグランプリは井上都紀監督の『大地を叩く女』 photo:Megumi Shibata
  • 夕張映画祭、今年のグランプリは井上都紀監督の『大地を叩く女』 photo:Megumi Shibata
5日間にわたる映画祭も、いよいよクロージング。高橋はるみ北海道知事も駆けつけたセレモニーでは、応募総数256本の頂点に立つ、オフシアター・コンペティション部門グランプリが発表された。

副賞として、次回作の制作支援金200万円が贈られるグランプリに輝いたのは、井上都紀監督の『大地を叩く女』。普段は派遣でアルバイトをしながら、映画を撮っているという1974年生まれの監督は、壇上に上がる前から感極まって涙・涙。「年齢的にも映画製作を続けていこうか迷いがあった時期。このコンペに懸けていただけに、本当に嬉しい」。井上監督の祝福に登壇し、「彼女の情熱と才能に身も心も捧げました」という主演のドラマー、GRACEと喜びを分かち合っていた。

審査委員長を務めた犬童一心監督曰く「この映画を観るためだけでも、夕張まで来た甲斐があった。観ていない人は、もったいない」。審査員全員一致で決まったグランプリ作品を、いくら褒めても褒め足りない様子だった。

映画祭事務局長・澤田直矢の発表によると、期間中の観客総動員数は8,868人。平日昼間のプログラムの集客がやや弱く、当初目標の1万人には及ばなかったものの、続行への手応えはしっかり感じたのだろう。「時期は検討中ですが、来年また開催させていただきたい」と宣言していた。

(text/photo:Megumi Shibata)
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top