木下優樹菜も高速道路で絶叫! 「恐怖がジンジン…いやジワジワきます(笑)」

スペインで150万人を動員し、ハリウッドでのリメイクも決定した、リアルパニック・ムービー『REC/レック』。6月4日(水)、女子高生を招待して、都内の廃屋を会場に本作の試写会が開催され、スペシャルゲストとしてタレントの木下優樹菜が来場した。

最新ニュース レポート
『REC/レック』女子高生限定廃屋試写会に登場した木下優樹菜。
  • 『REC/レック』女子高生限定廃屋試写会に登場した木下優樹菜。
スペインで150万人を動員し、ハリウッドでのリメイクも決定した、リアルパニック・ムービー『REC/レック』。6月4日(水)、女子高生を招待して、都内の廃屋を会場に本作の試写会が開催され、スペシャルゲストとしてタレントの木下優樹菜が来場した。

映画を観ての感想を聞いてみると、木下さんは「本当にヤバかったです。移動中の車の中で観たんですけど、高速道路で『ありえなーい!』って叫んでました。隣の車もびっくりしてましたよ。帰ってからもお風呂が本当に怖かったです。後々になってジンジンきました…あ、ジワジワです(笑)」とこの日の笑顔とは裏腹に相当怖かったようだ。

実は木下さん、以前から霊にまつわる恐怖体験が何度もあるらしく「駐車場で話していて、誰かに見られていると感じて見渡したら、止まっている何台もの車の下からたくさんの顔がのぞいていたことがありました。小学生の頃からいろいろ見えるようになって、いまはもう慣れましたね」とのこと…。

木下さんはこれから映画を観る人に向けて「とりあえずカップルとか女の子が心配です。普通のお化けの怖さじゃないんですよ。発狂したくなります。でも、目が離せずに、どんなに怖くても観てしまうんです。“目が離せない”という言葉の意味をこの映画で知ると思います」と謎かけのような言葉を残してくれた。

恐怖体験に慣れた木下さんすらも絶叫する恐怖とは? 『REC/レック』は6月14日(土)より池袋シネマサンシャイン、シネマGAGA!、シネマスクエアとうきゅう、TOHOシネマズ六本木ヒルズ、川崎チネチッタ、TOHOシネマズ横浜ららぽーとほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top