団員が次々ダウン? ガッキーのマネージャーまでが倒れた過酷な『フレフレ少女』撮影

野球部のエースへの恋心から廃部寸前の応援団に入部し、ひょんなことから団長になってしまった純情女子高生の活躍を描いた『フレフレ少女』。本作が10月11日(土)に公開を迎え、初日舞台挨拶に主演の新垣結衣をはじめ永山絢斗、柄本時生、斎藤嘉樹、染谷将太、内藤剛志、そして渡辺謙作監督が登壇した。

最新ニュース レポート
『フレフレ少女』初日舞台挨拶。(左から)渡辺謙作監督、染谷将太、柄本時生、新垣結衣、永山絢斗、斎藤嘉樹、内藤剛志。
  • 『フレフレ少女』初日舞台挨拶。(左から)渡辺謙作監督、染谷将太、柄本時生、新垣結衣、永山絢斗、斎藤嘉樹、内藤剛志。
  • 『フレフレ少女』初日舞台挨拶にはかま姿で登場した新垣結衣。
  • 副団長・山本龍太郎役の永山絢斗。
野球部のエースへの恋心から廃部寸前の応援団に入部し、ひょんなことから団長になってしまった純情女子高生の活躍を描いた『フレフレ少女』。本作が10月11日(土)に公開を迎え、初日舞台挨拶に主演の新垣結衣をはじめ永山絢斗、柄本時生、斎藤嘉樹、染谷将太、内藤剛志、そして渡辺謙作監督が登壇した。

応援団長・百山桃子役の新垣さんは、高下駄を履いて、はかま姿で登場。「映画はいかがでしたか?」という新垣さんの問いかけに、会場は大きな拍手で応えた。新垣さんは「こうしてはかまを着て公開初日を迎えて、格別の思いです」と嬉しそうに語った。撮影中の苦労に話が及ぶと「応援の型の練習がきつかったです。それから、団旗はすごく重くて大変でしたが、みんなが支えてくれたからこそリアルなシーンにすることが出来ました」と充実した表情で語った。

パンク好きで勝手気ままな鼓手長・遠藤に扮した柄本さんは、撮影中の思い出として「野球場での試合の場面の撮影のとき、僕は39度の熱を出してしまい、病院で点滴を受けたんです。そしたら横で、なぜか新垣さんのマネージャーさんも同じように点滴を受けてました(笑)」と語った。

さらに、元ウエイトリフティング部の旗手長・大坪役の斎藤さんも「僕も柄本くんの後に熱を出して倒れてしまい、病院でお尻に痛い注射をされました」と告白。

参謀の田村を演じた染谷さんは「みんながそうやってバタバタと倒れていく中で、僕はのどをつぶしてしまいました。生まれて初めて声が出なくなったのが、一番思い出に残っています」と語った。酷暑の中で撮影が行われたこともあって、団員たちの苦労は相当なものだったようだ。

そんな中、精神的な苦労について明かしてくれたのが副団長の山本に扮した永山さん。「監督から『髪を短くしてくれ』と言われて美容院に行って来たんですが、監督はそれを見て『全然、山本らしくない。もっとかっこ悪くしてくれ』と…。泣く泣くもう一度美容院に足を運びました」とのこと。

伝説の応援団OB・柳原を演じた内藤さんは「映画というのは、観終わってから、お客さんによって育てられていくものだと思っています。種をお渡しましたので、これからみなさんがそれぞれの『フレフレ少女』という花を咲かせてくだされば幸いです」と呼びかけた。

渡辺監督は「新垣さんに野球のボールがぶつかるシーンはCGではなく、本当にぶつけているんです。結構痛かったと思います…。僕としてはもう1回撮りたかったんですが、プロデューサーが横で『OK、OK』とささやくのでOKを出しました(笑)。一度も新垣さんに謝っていなかったので、この場を借りてお詫びします」と新垣さんに頭を下げた。

舞台挨拶の最後に、観客から新垣さん率いる櫻木高校応援団に向けて「フレー、フレー櫻木!」とエールが贈られ、一同は嬉しそうな表情を見せた。

『フレフレ少女』は丸の内ピカデリー2ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top