※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

実際のエピソードを基にした『ブタがいた教室』の子供たちのリアルな表情に感動

若き新任教師がクラス全員でブタを飼い、育てた後、自分たちで食べるという授業を実施。クラスの生徒たちはブタをPちゃんと名づけ、愛情を持って接し、やがてPちゃんの処遇をめぐるディベートを繰り広げることになる。

最新ニュース コラム
注目記事
『ブタがいた教室』 -(C) 2008「ブタがいた教室」製作委員会
  • 『ブタがいた教室』 -(C) 2008「ブタがいた教室」製作委員会
  • 『ブタがいた教室』 -(C) 2008「ブタがいた教室」製作委員会
  • 『ブタがいた教室』 -(C) 2008「ブタがいた教室」製作委員会
若き新任教師がクラス全員でブタを飼い、育てた後、自分たちで食べるという授業を実施。クラスの生徒たちはブタをPちゃんと名づけ、愛情を持って接し、やがてPちゃんの処遇をめぐるディベートを繰り広げることになる。

ドキュメンタリーとしてテレビ放映されたこともある実際のエピソードを基に、教師と子供たちの物語を映画化。生徒役の子供たちには結末の記されていない台本を渡し、クライマックスとなるディベートシーンでも出演者たちの生の意見と表情を収めるなど、ドキュドラマ的な側面のある作りとなっている。

それだけに、子供たちがそれぞれの考えをぶつけ合うディベートシーンにはリアルな迫力があり、ストレートな感動が。その傍らでは新任教師・星先生役の妻夫木聡をはじめ、原田美枝子、大杉漣らがしっかり脇を固めており、1本の映画として成立している。

“物語”自体に対する個人的な意見としては、星先生の行った試みに対して賛同できるところもあれば、できないところもある。だからこそ、彼のキャラクターの未熟さや心の変化、教師としての情熱に、より寄り添ったバージョンも観てみたい気がする。

《渡邉ひかる》

映画&海外ドラマライター 渡邉ひかる

ビデオ業界誌編集を経て、フリーランスの映画&海外ドラマライターに。映画誌、ファッション誌、テレビ誌などで執筆中。毎日が映画&海外ドラマ漬け。人見知りなのにインタビュー好き。

+ 続きを読む

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top