黒木メイサの放つオーラに平岡祐太“草食系”気味? 「気が弱いので近寄れない…」

「ビッグコミックススピリッツ」での連載で人気を博した曽田正人の代表作を原作に、天賦の才能を持ったひとりのバレリーナの成長と葛藤を描いた『昴−スバル−』。本作が3月20日(金・祝)に公開初日を迎え、主演の黒木メイサ、平岡祐太、佐野光来、前田健らキャスト陣による舞台挨拶が行われた。

最新ニュース レポート
『昴−スバル−』初日舞台挨拶(左から)前田健、黒木メイサ、佐藤光来、平岡祐太
  • 『昴−スバル−』初日舞台挨拶(左から)前田健、黒木メイサ、佐藤光来、平岡祐太
  • 『昴−スバル−』 黒木メイサ
  • 『昴−スバル−』 平岡祐太
  • すっかり意気投合した様子のふたり
  • ライバル役の微妙な心境を表現
  • 完璧なプロポーションは劇中と変わらず
「ビッグコミックススピリッツ」での連載で人気を博した曽田正人の代表作を原作に、天賦の才能を持ったひとりのバレリーナの成長と葛藤を描いた『昴−スバル−』。本作が3月20日(金・祝)に公開初日を迎え、主演の黒木メイサ、平岡祐太、佐野光来、前田健らキャスト陣による舞台挨拶が行われた。

天才バレリーナ・すばるを演じるにあたり、撮影に入るまで約3か月のトレーニングに挑んだ黒木さんは「これまでにない、ハードな練習をして本番に挑んだので、自信を持って贈れる映画になりました」と、長い間待ちわびた公開の喜びを語った。劇中では見事に鍛えられた完璧なプロポーションでバレエからヒップホップダンスまでこなしているが、「腕も足もお腹も筋肉がかなりついてマッチョになってました。気持ちもずっとすばるとシンクロしていて、最後のコンクールのシーンまで同じ気持ちで挑めた」と撮影の様子をうかがわせる黒木さん。共演の前田さんが同日に行われているWBCの日本代表に絡めて、「女優界のイチロー」とはやしたてると、照れながら「この作品も海外に進出するので、がんばって一緒に戦っていきましょう」と力強いメッセージを贈った。

そんな前田さんも黒木さんと同じく、監督からの要望で撮影のために8キロの減量に挑んだそうだが、「いまはリバウンド後の状態になってますので安心してください。映画の中では見える前田健の鎖骨にご注目ください」と妙なアピールをし、会場を沸かせた。

ダンスシーン以外にも、すばるを取り囲む人間模様も共感を呼ぶ本作。すばるの幼なじみでありライバルである真奈に扮した佐野さんは、10年に及ぶバレエ経験があるというが、「すばるに嫉妬する一方で恋をするような、“嫌いだけど好き”という気持ちを大切にしました。私も友達に対して同じ気持ちを抱いたことがあるので、そこを活かしました」と微妙な心情の表現について明かした。また、すばるに想いを寄せながらも、友達以上恋人未満にとどまるコーヘイ役の平岡さんは、自身の役を「すばるに対してLOVEなのかLIKEなのか微妙な、最終的に行かないところが、現代っぽい“草食系男子”」と表現、会場を埋め尽くす女性たちからは笑いが起きた。そのもどかしさが歯がゆいようだが、一方ですばるのようなストイックな女性はどう思うか聞かれると「劇中でメイサさんがマジでかっこいいんですよ! 世の中の男性が圧倒されるようなオーラがあるんですが、僕は気が弱いので多分、近寄れないです…」と黒木さんの横で少し怖じ気づいていた。

最後に、黒木さんから「映画を観終わる頃には空も晴れてると思いますので、晴れやかな気持ちになって劇場を後にしてほしいと思います。前田さんの鎖骨もお忘れなく」と観客へメッセージが贈られたが、その言葉の通り、あいにくの天気の中で始まった舞台挨拶だったが終了後には、外はすっかり快晴となっていた。清々しいスタートを切った『昴−スバル−』は渋谷東急ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top