加瀬亮、『重力ピエロ』の次は戦隊モノ希望? 「ブルーは譲れない」と力強く宣言

先行して公開された宮城県内で大ヒットを記録している、伊坂幸太郎の人気小説の映画化作品『重力ピエロ』が5月23日(土)、ついに全国公開を迎えた。都内の劇場にて初回上映後に舞台挨拶が行われ、主演の加瀬亮に岡田将生、小日向文世、鈴木京香、吉高由里子、岡田義徳ら主要キャストに、森淳一監督、企画・脚本の相沢友子が登壇した。

最新ニュース レポート
『重力ピエロ』初日舞台挨拶。(左から)岡田義徳、鈴木京香、岡田将生、加瀬亮、小日向文世、吉高由里子
  • 『重力ピエロ』初日舞台挨拶。(左から)岡田義徳、鈴木京香、岡田将生、加瀬亮、小日向文世、吉高由里子
  • 長男・泉水(加瀬亮)と父・正志(小日向文世)
  • 頼もしき母・梨江子(鈴木京香)と不思議な魅力を持った次男・春(岡田将生)
  • 最強の兄弟! だが、兄は戦隊モノ希望?
  • インフルエンザに負けられない!
  • 牛タンもしっかり食べたそうです
  • づらトークに会場爆笑!
  • 母は強し!
先行して公開された宮城県内で大ヒットを記録している、伊坂幸太郎の人気小説の映画化作品『重力ピエロ』が5月23日(土)、ついに全国公開を迎えた。都内の劇場にて初回上映後に舞台挨拶が行われ、主演の加瀬亮に岡田将生、小日向文世、鈴木京香、吉高由里子、岡田義徳ら主要キャストに、森淳一監督、企画・脚本の相沢友子が登壇した。

主人公の泉水役の加瀬さんはまず、「豚インフルエンザに負けずに、命がけで来て下さってありがとうございます」と初日に駆けつけた観客への感謝を口にした。続いて、登壇者ひとりずつに現場でのエピソードを語ってもらったが、加瀬さんによると「びっくりさせられたのは吉高」。曰く「どこまでが演技で、どこからが素なのか全く分からず、ある意味、新鮮でした」とのこと…。一体何があったのか? その吉高さんはと言うと「私は、あんまりがっつりと(ロケ地の)仙台にいたわけではなかったんです。着いたらすでにチームが出来上がってて、アウェーな感じで仲良くなれなくて…」とあっさりした口調で割りと重い告白。そして、撮影がお休みだったという日について「一緒に過ごす人もいなくて、場所もよく分からず、タクシーに乗って伊達政宗像を見に行きました。タクシーの運転手のおじさんと必死になって仙台巡りをしてました(笑)」と語り、会場を笑いに包んだ。

泉水たち兄弟の父親・正志を演じた小日向さんは、とっておきのエピソードとして「実は僕は、づらを被ってました…」と誰が見てもひと目で分かることをわざわざ告白。さらに「(妻を演じた)京香さんとの出会いのシーンでは、30代前半という設定だったので、衣裳合わせのときからいろんなかつらを…個人的に作ってもらったものまで試しました。市役所のシーンの撮影のときに、市長さんが挨拶に来てくださったのですが、京香さんには名刺を渡して、市の職員の服を着た僕にはくれないで『何で職員が京香さんの隣りで立ってるんだよ?』って顔してました(笑)。屈辱を味わいながら、同時に『やったー! 俺、変身してるぞ』と思ってました。きっとこの映画も化けると思います」としっかりオチまで付けて語り、会場からは温かい(?)拍手が贈られた。

泉水の弟・春役の岡田さんは、撮影中のエピソードを尋ねられ困り顔。小声で「助けてくださいよ…」と隣りの加瀬さんにすがるなど、加瀬さんを兄と頼るところは撮影後も劇中と全く同じ。そんな岡田さんにまつわる思い出を明かしてくれたのは、母・梨江子に扮した鈴木さん。「私は、加瀬くんや岡田くんと一緒にいることはほとんどなかったんです。一度、岡田くんとすれ違ったときに『(仙台の)おいしいもの食べてる?』って聞いたら『はい!』って言って、全国チェーンのお店の名前が返ってきて残念でした。私は仙台出身なのに、おいしいお店とかを教えてあげられなかったのも残念です」と苦笑交じりに語ったが、隣りの岡田さんは恥ずかしそうに笑顔を浮かべていた。

泉水の大学院での研究仲間・山内役の岡田(義徳)さんも撮影は2日間だけで、ずっと加瀬さんと一緒だったというが、そのとき何を話したかというと「2人で『戦隊モノに出たいね』ということを延々と話してました(笑)。年齢高めのがんばってる戦隊モノがいいな」。ちなみに気になる“色”はというと、岡田さんは緑で、加瀬さんは「ブルーは譲れない!」と力強く宣言。加瀬さんの戦隊モノ出演について、吉高さんは「加瀬さんは、走るシーンでも手加減という言葉を知らないんです。カメラから切れないようについて行くのに必死でした。意外と、戦隊モノいけるんじゃないでしょうか」と太鼓判を押した。

加瀬さんの“ブルー”姿も見たいところだが、まずは兄弟、そして家族の絆を描いたドラマをじっくりとお楽しみあれ! 『重力ピエロ』はシネカノン有楽町1丁目、新宿バルト9ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top