麻生久美子、松山ケンイチの豹変ぶりに驚愕! 監督「津軽弁に耳をすませて」

松山ケンイチと麻生久美子という、絶大な人気を誇る2人を迎えて贈る、これまでにない愛の物語、その名も『ウルトラミラクルラブストーリー』がまもなく公開を迎える。これに先駆けて5月26日(火)、本作の特別上映会が行われ、上映前の舞台挨拶に松山さんと麻生さん、そしてメガホンを取った横浜聡子監督が登壇した。

最新ニュース
『ウルトラミラクルラブストーリー』舞台挨拶。(左から)横浜聡子監督、松山ケンイチ、麻生久美子。
  • 『ウルトラミラクルラブストーリー』舞台挨拶。(左から)横浜聡子監督、松山ケンイチ、麻生久美子。
  • 強烈過ぎる主人公・陽人を演じた松山ケンイチ
  • 東京からある“目的”のために青森にやって来た町子役の麻生久美子
  • 満員の客席からは大きな声援が贈られた
  • 麻生さんと監督からの称賛に照れくさそう
  • 「とにかくすごい作品です!」と猛アピ−ル
  • 地元青森を舞台に存分に暴れ回る!
  • 詰めかけた観客には作品にちなんでキャベツがひとり一個プレゼントされた
松山ケンイチと麻生久美子という、絶大な人気を誇る2人を迎えて贈る、これまでにない愛の物語、その名も『ウルトラミラクルラブストーリー』がまもなく公開を迎える。これに先駆けて5月26日(火)、本作の特別上映会が行われ、上映前の舞台挨拶に松山さんと麻生さん、そしてメガホンを取った横浜聡子監督が登壇した。

大歓声に迎えられて登場した松山さん。ジャケットの下からのぞく白いシャツには“ウルトラミラクルラブストーリー”という文字が! 作品への並々ならぬ思いが感じられるが、本作への出演の決め手を聞かれ「監督も僕も青森出身で、撮影も青森で行われたんですが、そんな機会はなかなかないな、と思いました。それと、脚本からして変わってて、ジャンルや枠組みに囚われない、この自由な世界観に挑戦したいと思って決めました」と語った。実際に横浜監督の演出もかなり変わっていたとか。松山さんは「まず演じてみて、そこから演出が入るんですが、『次は後ろ向きで走って』とか『壁に張りついてみて』とか『何で?』と思うようなことばかりさせるんです。最初はどういうことなのかと考えてしまいましたが、『考えたら負けだ。(自身が演じた)陽人も考えながらやってるわけではない』と思いまして。出来上がりを観て、こういうことだったのか、と監督のすごさに改めて気づかされました」と実感のこもった口調でふり返った。

横浜監督は「恋の話を作ったことがなかったので、もう30歳なんですが、恋の話をやってみようかと思いまして(笑)。でも普通の話は苦手なので、ちょっと変わった感じで、他人がぶつかり合う作品にしてみました」と本作を説明。主演の2人については「松山さんは、これまでにもいろんな個性的な役を演じてますが、私の中ではイメージがついてなかったんです。ご一緒してみて、白紙の状態から色をつけて映画のキャラクターになっていく、という印象を受けました。麻生さんは、自分の中に何百色も持っていて、瞬時に色を選んで表現する人でした」と語った。

町子役の麻生さんにも、松山さんと横浜監督の印象を聞いてみると「松山さんはいろんな意味ですごく面白い俳優さんです。撮影中は陽人にしか見えなかったです。カメラが回ると一瞬で顔が変わって、キャラクターが自分のものになる感じは、いままでで共演した人の中で一番っていうくらい驚きました。横浜監督には、自分が脚本から抱いていたイメージと逆の要求をされることが多かったんですが、よく『素っ頓狂な声を出してください』と言われました。『素っ頓狂な声ってどんな声だろう?』って思いながらやりました(笑)」と、いま思い出してもおかしい! といった表情で語ってくれた。

最後に3人に、映画の見どころを尋ねた。横浜監督は「津軽弁がわかりづらいですが、そこであきらめずに耳をすまして、陽人という一味違う人物と、町子の変化、開放されていく2人の成長ぶりを見てください」とアピール。

松山さんは「“ラブストーリー”とありますが、ちょっと違いまして…陽人の周りのたくさんの人々の陽人に対する感情がラブストーリーになってるんじゃないかと思います」と語った。

麻生さんは「まずは子供たちの芝居を見てください! それから坂道のシーンでの松山さんのアドリブが素晴らしいので、そこに注目してください」と呼びかけた。

『ウルトラミラクルラブストーリー』は5月30日(土)より青森松竹アムゼほかにて先行上映、6月6日(土)よりユーロスペース、シネカノン有楽町2丁目、シネマート新宿ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top