佐々木希、迫真の演技で…熟睡?谷原章介はオヤジ全開「希ちゃんの背中見たかった…」

佐々木希の初主演作『天使の恋』が11月7日(土)、公開を迎え、佐々木さんを始め、谷原章介、酒井若菜、大石参月、七菜香、加賀美早紀と寒竹ゆり監督が登壇しての舞台挨拶が行われた。

最新ニュース
『天使の恋』初日舞台挨拶
  • 『天使の恋』初日舞台挨拶
  • 『天使の恋』初日舞台挨拶
  • 『天使の恋』初日舞台挨拶
  • 『天使の恋』初日舞台挨拶
  • 『天使の恋』初日舞台挨拶
  • 『天使の恋』初日舞台挨拶
  • 『天使の恋』初日舞台挨拶
  • 『天使の恋』初日舞台挨拶
佐々木希の初主演作『天使の恋』が11月7日(土)、公開を迎え、佐々木さんを始め、谷原章介、酒井若菜、大石参月、七菜香、加賀美早紀と寒竹ゆり監督が登壇しての舞台挨拶が行われた。

初主演作がついに公開ということで「緊張して昨日は眠れなかった」という佐々木さん。映画を観終わったばかりの観客を前に「みんながどう思ってるのか…不安です」と語ったが、そんな不安を吹き飛ばすかのように観客は大拍手! これに佐々木さんは「よかったー!」とホッとした表情を見せた。この拍手の嵐に谷原さんは「これは(手を)叩くしかない状況ですよね」と笑いつつ、客席を見渡し「みなさんの泣きはらした目を見ると、間違いなく良かったんだろうと確信してます。みなさん、そんな泣きはらして目で、帰りは大丈夫ですか?」と少しおどけた口調で語った。

酒井さんは共演陣に目をやり「ピッチピチの女優さんたちとの共演ということで『まあ、美しい!』と見惚れてしまいました」とニッコリ。監督は、そんな酒井さんについて「撮影の後半に酒井さんや谷原さんのシーンがあったんですが、安心してお任せすることができました」と称賛した。

この監督の発言に大石さんは「(自分たちの撮影は)不安だったんですか? ちょっとショックです!」と少しふくれっ面で語ったが「演技に慣れていなくて、どうすればいいのか分からないところで、監督は細かく答えてくださってすごくやりやすかったです」とふり返った。さらに「大好きなシーン」として佐々木さんが病院で目を覚ますシーンを挙げ「希が主演ということで、寝不足で疲れてて、目を覚まさずに本当に寝てたんです!」と暴露し、会場の笑いを誘った。

七菜香さんは「撮影前にレッスンがあったんですが、監督に怒られて泣いた日もありました。そのおかげで、(本番の)現場の方が楽でした。監督は私たちにお揃いのネックレスをくれたんですよ! 『これはアメ。これからムチが来るから!』って(笑)」と明かしてくれた。監督はこれについて一言「モノでつりました…(笑)」。

加賀美さんは、ほかのメンバーとは距離を置いている役柄だったために「(役作りで)みんなと仲良くせずに、みんなのブログ見ながら、仲良くしてる様子に『このやろう!』って思ってました。撮影終わってからみんなに『仲間に入りたかったんだよ〜』って言って、一緒に写メ撮ってもらったりしました」と苦労を語った。

谷原さんは、そんな若い女優陣を見つつ「希ちゃんと酒井さん以外のみんなとは一緒のシーンがなかったのが心残りです…」とポツリ。そして、佐々木さんが大胆に背中を披露するシーンを挙げ「僕もできるならあの場にいたかった…」とオヤジ発言全開でで会場を沸かせた。

『天使の恋』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top