大人気ケータイ小説「天使の恋」が佐々木希主演で映画化! キュートな制服姿が公開

映画化、TVドラマ化され大きな話題を呼んだ「恋空」、「赤い糸」を超える驚異的なアクセス数を記録している人気ケータイ小説「天使の恋」が映画化! モデルとして若い世代を中心に高い人気を誇る佐々木希が主人公の17歳の女子高生・理央を演じることが決定し、このほどブレザーの制服に身を包んだ女子高生姿の佐々木さんの写真が公開された。

最新ニュース
『天使の恋』 佐々木希
  • 『天使の恋』 佐々木希
  • 『天使の恋』 佐々木希
  • 「天使の恋」(ゴマブックス刊)
  • 「天使の恋」(ゴマブックス刊)
映画化、TVドラマ化され大きな話題を呼んだ「恋空」、「赤い糸」を超える驚異的なアクセス数を記録している人気ケータイ小説「天使の恋」が映画化! モデルとして若い世代を中心に高い人気を誇る佐々木希が主人公の17歳の女子高生・理央を演じることが決定し、このほどブレザーの制服に身を包んだ女子高生姿の佐々木さんの写真が公開された。

理央は人を惹きつけずにいられない、カリスマ性を持ちながら、ある過去が原因で心を閉ざし、お金しか信用せず、他人を利用することしか考えない女子高生。物語は、彼女が運命に導かれるようにある大学講師と出会い、人を愛することの意味を知り、成長していく姿を描いている。

投稿型ケータイ小説サイト「おりおん☆」によると、原作発売時の数字で「恋空」の600万、「赤い糸」の800万を大きく凌ぐ1,300万ものアクセス数をたたき出している「天使の恋」。書籍の方もベストセラーとなっている。

理央役に抜擢された佐々木さんは、ファッション誌「PINKY」(集英社刊)のオーディションで“プリンセスPINKYグランプリ”を獲得し、専属モデルとして現在も活躍中。今回、原作を読んで理央の成長していく姿に共感して出演を決意したという。昨年公開された『ハンサム★スーツ』に続く2度目の映画出演で早くも主演を張ることになった。理央が恋に落ちる大学講師の光輝は35歳という設定だが、一体誰が演じることになるのか? こちらもファンの間で注目を集めそうだ。

佐々木さんの体当たりの演技を受け止めるのは、27歳の新人女性監督・寒竹ゆり。オリジナルのアイディアを加え、若い感性を武器にリアルな女子高生の姿を美しく、そして清々しく描き出す。

『天使の恋』は年内に公開予定。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top