小池徹平&マイコ、お仕事楽しくやるコツは「オフで完全にダラけること」?

ネット上の掲示板2ちゃんねるの書き込みから生まれた実話を映画化した、『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』。会社を舞台にした本作に因んで、11月5日(木)、サラリーマンとOLを集めた試写会が開催され、上映前に主演の小池徹平と共演のマイコによるトークイベントが行われた。

最新ニュース
『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』に共演の小池徹平、マイコ
  • 『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』に共演の小池徹平、マイコ
  • 会社勤めの人々にエール!
  • 「仕事は楽しいからストレスはたまらない」とキッパリ
  • 何事も「コミュニケーションが大事」とアドバイス
  • 小池さん曰く「かわいくて、変わってる人」というマイコさん
  • プライベートは「ダラける」で一致のふたり
ネット上の掲示板2ちゃんねるの書き込みから生まれた実話を映画化した、『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』。会社を舞台にした本作に因んで、11月5日(木)、サラリーマンとOLを集めた試写会が開催され、上映前に主演の小池徹平と共演のマイコによるトークイベントが行われた。

スーツ姿の男女が集まった客席を見て「見慣れない光景に変に緊張してます」という小池さん。本作で初めてサラリーマン役を演じたが、「中学生の役(『ホームレス中学生』)よりはだいぶ楽やなーという気持ちはありましたね(笑)」とふり返った。この日は、映画に因んで観客から“お仕事”にまつわる質問が二人に寄せられた。職場での上手な人付き合いのコツを求められると、小池さんは「初対面でお会いする人が多いので、変に気張りすぎず自分から話しかけるようにしている」とのこと。実際にマイコさんからは「初対面でしっかりと90度の挨拶をされて『見習わないと』と思いました」とのお墨付きも。アパレル店での勤務経験があるマイコさんも「やっぱりコミュニケーションが大事」と頷き、「昔、先輩とうまくいかなかったことがありましたが、ちゃんと話したら解決して、その後、仲良くなりました」とキッパリ。

「仕事のオンオフはどうやって切り替えますか?」との質問には、「オフのときは完全にダラける」と意見一致の二人。映画の撮影現場ではどうだったかというと、「待ち時間は漫画喫茶のような、不思議な空間でした」(マイコさん)、「『ガンダム』が読みたい放題で、カットがかかるとすぐ読み始めたり、いい意味でオンオフがしっかりとできてた」(小池さん)と、異様な現場の様子だったよう。

さらに、「サラリーマンに憧れる点」と聞くと、悩んだ末、小池さんは「(役作りで)夏でも冬でも寒い格好や暑い格好をしなくて済むことはすごくいいですよね」と具体的なお答え、逆に芸能人で得するところは「お店でたまにサービスで一品つけてくれると、ほんまに良かったなと」と明かし、会場を和ませた。

最後に「おもいきり笑って日頃のストレスを発散してください」と小池さんから会社員たちへエールが送られた。『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』は11月21日(土)よりシネクイントほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top