オスカー・カップル、ケイト・ウィンスレット&サム・メンデス夫妻が破局

ケイト・ウィンスレットが、夫で映画監督のサム・メンデスとの7年近く続いた結婚に終止符を打つことになった。

最新ニュース ゴシップ
ケイト・ウィンスレット Matt Petit / (C) A.M.P.A.S.
  • ケイト・ウィンスレット Matt Petit / (C) A.M.P.A.S.
ケイト・ウィンスレットが、夫で映画監督のサム・メンデスとの7年近く続いた結婚に終止符を打つことになった。

夫妻は弁護士を通して「ケイトとサムは残念ながら、今年はじめに別居しました」と声明を発表、「友好的に、合意の上のことです。双方とも、子供たちの養育については共同で行います」と説明したが、破局の理由については明らかにされていない。

2人の出会いは2001年。前年に『アメリカン・ビューティー』でアカデミー賞監督賞受賞後、ロンドンで演劇の仕事をしていたメンデスがケイトに舞台出演を依頼したのがきっかけだった。舞台出演は実現しなかったが、2人は2年後の2003年に結婚、6歳の息子・ジョーがいる。ケイトが前夫との間にもうけた9歳になる娘と4人で暮していた。

昨年は、メンデスが監督を務め、レオナルド・ディカプリオと『タイタニック』以来の共演となった『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』でケイトはゴールデン・グローブ賞ドラマ部門主演女優賞を受賞している。同年のアカデミー賞では、スティーヴン・ダルドリー監督の『愛を読むひと』でアカデミー賞主演女優賞を受賞。メンデスは自分の監督作ではなくとも大喜びで妻を祝福していたのだが。



Matt Petit / © A.M.P.A.S.
《冨永由紀》
冨永由紀

好きな場所は映画館 冨永由紀

東京都生まれ。幼稚園の頃に映画館で「ロバと王女」やバスター・キートンを見て、映画が好きになり、学生時代に映画祭で通訳アルバイトをきっかけに映画雑誌編集部に入り、その後フリーランスでライター業に。雑誌やウェブ媒体で作品紹介、インタビュー、コラムを執筆。/ 執筆協力「日本映画作品大事典」三省堂 など。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top