高岡蒼甫 15歳年下と“浮気”する男は「いけないです!」

高岡蒼甫が6月20日(日)、東京・渋谷シアターTSUTAYAで行われた、主演映画『さんかく』(吉田恵輔監督)の完成披露試写会の舞台挨拶に共演の田畑智子、小野恵令奈(AKB48)らと出席。男の浮気心についてダメ出しした。

最新ニュース レポート
『さんかく』完成披露試写会 photo:Yoko Saito
  • 『さんかく』完成披露試写会 photo:Yoko Saito
  • 『さんかく』完成披露試写会 photo:Yoko Saito
  • 『さんかく』完成披露試写会 photo:Yoko Saito
  • 『さんかく』完成披露試写会 photo:Yoko Saito
  • 『さんかく』完成披露試写会 photo:Yoko Saito
  • 『さんかく』完成披露試写会 photo:Yoko Saito
高岡蒼甫が6月20日(日)、東京・渋谷シアターTSUTAYAで行われた、主演映画『さんかく』(吉田恵輔監督)の完成披露試写会の舞台挨拶に共演の田畑智子、小野恵令奈(AKB48)らと出席。男の浮気心についてダメ出しした。

本作は、同棲中の恋人・佳代(田畑さん)の妹で15歳年下の中学生・桃(小野さん)に恋をしてしまった30歳のダメ男・百瀬(高岡さん)の、恋の三角関係を描く物語。『パッチギ!』、『クローズ ZERO』シリーズなど男臭い役どころが多かった高岡さんは、イメージ一新の役どころに「人間の弱々しさや情けない部分を出すのが楽しかった」と話し、上映後の観客から拍手と「よかった〜」などの声援を浴び、「嬉しいです!」と笑顔。

だが百瀬のキャラクター設定については「恋人ともうまくいっていなくて情緒不安定だと、自分のせいですが甘えが出ちゃうんでしょうね」と共感を寄せつつ「こういう男の人はいけないです。こっち(桃)は子供でちょっとした興味とか好奇心があるだけかもしれない。バーチャルな感じでやっている分にはいいけど、リアルにはちょっと…」と理性派ぶりをうかがわせた。

劇中で高岡さんを惑わす小悪魔・桃を演じた小野さんは「台本もらって読んだら、桃が自然に入ってきたんですよ。撮影でも自然に出来ちゃっていた、その自分が怖い」と苦笑い。「あれ? 何かここにいるんでしょうね」と自身の胸に手をあて「将来、何か出てくるのかこないのか、乞うご期待です」と悪女への大変身を匂わせる発言。男性ファンの笑いを誘っていた。

一方、吉田監督は「観た後のお客さんに挨拶するのは、フルチンで出るみたいな…ね、フルチンみたいな気分。フルチン、ね、小野さん」と」と“下ネタ”挨拶。小野さんは「一応アイドルなので」と笑いながら聞き流していた。

『さんかく』は6月26日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、池袋テアトルダイヤほか全国にて順次公開。

《photo / text:Yoko Saito》

特集

関連記事

特集

page top