高岡蒼甫 舞台挨拶中に倒れる カメラのフラッシュが原因?

映画『さんかく』の初日舞台挨拶が6月26日(土)、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷で行われ、主演の俳優の高岡蒼甫が突如、体調不良を起こして倒れるハプニングがあった。

最新ニュース レポート
『さんかく』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『さんかく』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『さんかく』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『さんかく』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『さんかく』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『さんかく』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『さんかく』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
映画『さんかく』の初日舞台挨拶が6月26日(土)、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷で行われ、主演の俳優の高岡蒼甫が突如、体調不良を起こして倒れるハプニングがあった。

高岡さんに異変が起きたのは、最後に行われた取材陣向けのフォトセッションの終了間際。カメラ目線を求める声に快く応じていたが、眉間にしわを寄せるなど徐々に表情を険しくし、血の気が引いて青白い顔色を見せ始めたところで突然、前のめりに倒れた。高さ約50センチの壇上から落ちた形で「ドスン」と鈍い音が響いたが、両手で受け身をとっていた。すぐ関係者の手を借りつつ立ち上がると、そのまま退場した。フォトセッション冒頭は、共演の田畑智子と談笑するなど和やかな表情を見せていた。

配給元の日活と所属事務所のスターダストプロモーションは「貧血による立ちくらみ。写真撮影で短時間にカメラのフラッシュを大量に浴びて、不調を引き起こしたのでは」と説明。スタッフの大丈夫? という問いかけに「大丈夫です。すみません」と謝るなど意識ははっきりしていたという。この日の初日舞台挨拶は新宿で1回、渋谷で2回、川崎で1回の全4回。ハプニングがあったのは2回目の挨拶時。高岡さんは休憩を取って体調を整え、3回目の舞台挨拶に立った。同時点で事務所関係者は「病院に行くかどうかは体調を見て」と話した。

同作で高岡さんは、交際中の恋人・佳代(田畑さん)の妹で15歳年下の中学生・桃(小野恵令奈)に翻弄される30歳のダメ男・百瀬を熱演。挨拶では、小野さんの小悪魔演技について「怖かったっすね。上目遣いに見られたり手を握られたりすると…あ、ちょっとこれ、余計なこと言えないですね。ドキドキしました。それを隠さないといけないので、まあヘンな気分でした」と男の本音を吐露。女性ファンの笑いを誘った。

小野さんは「台本を読んだときはどうやればいいんだろう? と思ったけど、撮影現場に行ってその空気に入ったら、上手くしちゃったりしまして、自分でもびっくりしました。1日1日経つにつれリアル桃になっていて、終わって桃ちゃん離れするのが寂しかった。もうちょっと小悪魔桃でいたかった」と言い終えたと思いきや「いやそんなことない。小野恵令奈でいい」と茶目っ気タップリに訂正。観客を笑わせていた。

『さんかく』はヒューマントラストシネマ渋谷、池袋テアトルダイヤほか全国にて公開中。

《photo / text:Yoko Saito》

特集

関連記事

特集

page top