ジェイク・ギレンホール、恋人の21歳の誕生日に豪華プレゼントを奮発!

ジェイク・ギレンホールが恋人でカントリー・シンガーのテイラー・スウィフトの誕生日に10万ドルのブレスレットをプレゼントした。

最新ニュース ゴシップ
ジェイク・ギレンホール -(C) AFLO
  • ジェイク・ギレンホール -(C) AFLO
ジェイク・ギレンホールが恋人でカントリー・シンガーのテイラー・スウィフトの誕生日に10万ドルのブレスレットをプレゼントした。

2人は10月からつき合い始めたばかり。今月13日にテイラーが21歳の誕生日を迎えたのだが、2人で過ごす初めての誕生日にジェイクは相当張り切った様子。「In Touch Weekly」誌によると、金製で30カラット近くのダイアモンドをちりばめたブレスレットを贈ったという。さらに、コーヒー好きでもある彼女のために最高級のコナ・コーヒーを21ポンドと豆を挽くミル、コーヒーメーカーもプレゼントしたという。

テイラーは30歳のジェイクに似合う大人の女性を目指してか、最近はシャネルやプラダ、エルメスなどのハイブランドの服を着るようになったとか。その服は自腹で購入しているようだが、ジェイクは年下の彼女が可愛くてしかたないらしく、プレゼント攻勢をかけている。先日、テイラーと一緒にカントリー・ミュージックの中心地・ナッシュヴィルを訪れた際も高価なギターをプレゼントした。

伝説的なギタリスト、チェット・アトキンスのサイン入りギターで1万1千ドル。関係者によると、ブレスレットのほかにちょっとしたプレゼントを、というつもりで著名なミュージシャン行きつけの楽器店で立ち寄ったところ、「最高の誕生日プレゼントがあったというわけ」だという。テイラーはかなりのおねだり上手のようだ。



写真は『Love and Other Drugs』(原題)のシドニー・プレミアに出席したジェイク・ギレンホール。

© AFLO
《冨永由紀》
冨永由紀

好きな場所は映画館 冨永由紀

東京都生まれ。幼稚園の頃に映画館で「ロバと王女」やバスター・キートンを見て、映画が好きになり、学生時代に映画祭で通訳アルバイトをきっかけに映画雑誌編集部に入り、その後フリーランスでライター業に。雑誌やウェブ媒体で作品紹介、インタビュー、コラムを執筆。/ 執筆協力「日本映画作品大事典」三省堂 など。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top